「コツが分かればできる」ことはたくさんある。「できないから」で諦めるのはもったいない。

Pocket

「それはできない」「私には無理だから」と、やるまえからやめていませんか。「できない」ではなく「やったことがない」または「コツを知らない」だけの場合もよくあります。

目次

うまくできなくていい。ただ「やる」

まず、よくよく聴くと「私はうまくできません」という意味のことがあります。こちらは「うまく」なんて言っていなくても、なぜか「うまくやれないなら、やらないほうがいい」と考えがちです。

例えば、情報発信なら、「うまく」書かなくていいから、ただ「書いてアップ」すればいい。ランニングなら「速く」走らなくていいから、たた「走る」でいいんです。

できないことはコツを教わってみる

それから、「私はできないんです」という人が「やったことがない」または「コツを知らない」だけの場合もあります。やる能力は十分というケースです。

こういう方は、思い切ってやってみると案外できるんです。またコツを知らないからできなかっただけの場合もあります。

例えば、先日、我が家の娘がクロールを習ったんです。それまでは、私が教えても、息継ぎがうまくできず25mを泳ぎきることができませんでした。

しかし、上級者から動きのコツや心がけるポイントを教えてもらったら、ほんの1時間ほどの練習で、25m泳ぐことができました。3回できたので、まぐれではありません。

水泳に関しては私も身に覚えがあります。私は20歳までクロールが泳げませんでしたが、これまた習ったら泳げるようになり、今ではゆっくりなら2000mくらい続けて泳げます。

20歳のときは「泳げない」と言っていましたが、泳ぐ能力がないわけではなく、「泳ぐコツをまだ知りません」が正しかったというわけです。

「できない」のか「やったことない」「コツを知らない」か認識

もちろん100mを9秒台で走るなど、習ったからといってできないこともあります。しかし、「できない」と思い込んでいることが、ほんとうにできないのか自問しましょう。

本当はやったことないだけかもしれません。コツを知ればいいだけのことかもしれませんよ。

あ、実は「やりたくない」の場合もありますね。その場合は「やりたくない」って言っていいと思いますよ笑

上級者に習ってみよう!

というわけで、やりたいのにできないと思っていることがあるなら、習ってみることをおすすめします。

コンサルを受ける、サークルに入ってみるなど、方法は有料・無料いろいろです。

とにかく、やりもしないで諦めるのはやめましょう。せめて、少しはやってみてから「できない」と言いましょう。やってみると、これが案外できることも多いんですよ!

できないと思い込んでいたことができるようになるのは、本当に楽しいものです。自己肯定感も上がりますよ! ぜひトライしてみてください。

林原商店のコンサルティングについてはこちら


お仕事のご依頼はこちらから

ご依頼フォーム へ

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届け後、言葉の力やブランディングでお悩みを解決するヒントや林原りかの日々の暮らしについてお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

ご感想・ご質問を募集中!

よかったらシェアしてね!