目標設定は、具体的に数値や期限を決めて、本当にやりたいことを肯定形で表現

Pocket

年末年始に、新年の目標を立てる人は多いのでは? 目標の決め方には、達成しやすくなるコツがあるのをご存知でしょうか。

DSC03985

目次

具体的に示す

まずは「具体的」にということ。

例えば、「きれいな部屋にする」という目標があったとしましょうか。

このままでは具体的とは言えません。「きれい」とは、整理整頓できているのか、掃除が行き届いているのか、洗練されたインテリアかなど、どんな状態を指すのか、もうちょっと具体的に考えてみましょう。

数値を出す

数値で目標を示すことができれば、達成できたかどうかの判断が簡単です。

例えば、「痩せたい」なら、何キロ痩せるのか、体脂肪率を何%にしたいか、などが数値目標です。

現実的かどうか

自分にとって達成可能かどうかも大事です。

例えば、私が「100mのタイムを9秒台にする」は、おそらく不可能。よい目標とは言えません。

本当にやりたいこと

その目標は、本当に自分のやりたいことでしょうか。

やりたいことを目標にするのが当たり前のようですが、人は本心ではない目標を意外に立てます。

そういう目標は「分かっているけど、できなかった」のような言い訳とともに、ズルズルと後回しにされます。

 

肯定形で言う

「脳は否定形を認識できない」とよく言います。

「ピンクの象を思い浮かべないでください」と言われてもピンクの象を思い浮かべるように、「〇〇しない」という目標は「〇〇する」ほうで潜在意識にインプットされるとか。

そこでオススメは「忘れ物をしない」ではなく「前の夜に、翌日の持ち物をチェックする」のように、肯定形で表現することです。

締め切りを決める

その目標はいつまでに達成しますか。

目標を達成するために、実行する必要があることには、どんなことがありますか。

それらの行動は締め切りを決めて、いつやるかをスケジュール帳に書き込んでしまいましょう。

ときどき見返す

正月に立てた目標が達成できない最大の理由は、忘れてしまうからです。

そこで、目標は手帳に書き込んだり、エクセルでチェックリストをつくったりして、ときどき見返しましょう。

来年も、目標を達成できますように!

関連記事

参加者募集中!

12/4 自分の言葉で、商品・サービスの価値や魅力を伝えたい人に伝えよう! 非ライターのためのコピーライティング講座>>詳細と申込みはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、ブランディングや情報発信を軸とした働き方、人生を充実させるヒントなどをお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

質問募集中!

林原商店メニュー
目次
閉じる