やりたいことの優先順位を上げる方法。「そのとき」を考えて生きる

Pocket

日々の仕事や家事育児に追われていると、「今日もやりたいことができなかった」となってしまいがちです。

そうならないためには、「やりたいこと」の優先順位を上げる必要があります。

といっても、自分のやりたいことは、日々のタスクに追いやられがちです。

どうしたら、自分の希望を優先することができるのでしょうか。

目次

死ぬまでの時間を考える

「メメント・モリ」という言葉をご存知でしょうか。

ラテン語で「自分が必ず死ぬことを忘れるな」という意味です。

人生が80年だとすれば、約30000日。

今43歳の私の、残りの人生は13500日です。

身体と頭が思うように動く日数は、さらに少ないことでしょう。

残りの人生を意識すると、時間の大切さが身にしみます。

やりたいことはやっておかなければ、悔いが残りそうです。

死んだときにどう思われるか。自分史に何を書きたいか

あなたは、自分の葬式を想像したことがありますか。

葬儀に集まった人たちは、あなたのことをなんと言って偲んでいるでしょうか。

弔事ではあなたの人柄や生前の活躍がどう語られるでしょうか。

そのとき、どんな風に思われていたいかを想像すると、自分の価値観が見えてくるのではないでしょうか。

死ぬのを考えるのはちょっと……という方は、自分史を書くことを想像してみてはどうでしょうか。

あなたは自分史にどんな人生を記したいですか。

価値観から遡って今日やることを考える

価値観が見えてくると、その価値観を満たすためにどうありたいか、何をやりたいかが見えてきます。

そこまで考えてから、具体的な目標(やりたいこと)を立ててみてはいかがでしょか。

あまりにも先すぎると具体的には考えにくくなるので、私は7年先の姿を想像することにしています。

私の場合は、50歳。末の娘が17歳になっているころです。

私が大事にしている「健康」「家族」「経済的自立」などいくつかの価値観に対して、7年後の理想的な状態を書き出します。

それから、その状態になるために、1年後にはどこまでなにができていたいか、ひと月後にはどうか、1週間ではどうかとやりたいことを書き出します。

「1週間でやりたいこと」をもとに、どの日にその行動を起こすかをスケジュール帳に書き出します。

これは、『大富豪の仕事術―経済的成功をつかむための具体的で現実的な8つの行動』という本で紹介されている方法を参考にしています。

ここで書き出した日々のタスクは、生きる意味ともいえる価値観や私の幸福感、理想の将来、理想の人生の終わりに向けた1歩です。

ですから、私にとってとても大切なこと。優先順位の高い事柄です。

……とこのくらい大げさに考えないと、家事や育児、仕事の慌ただしさに流されそうな毎日の中に、なんとか自分のやりたいことを食い込ませて、実行するようには、努められないように思います。

そのくらいみんな、日々の時間を、自分の人生を、自分の命を、自分以外の誰かのために使っています。

 

計画はチェックして改善

私は毎週月曜日、前の週の目標を見直し、やると決めたことができたかをチェックしています。

できなかったこともあります。そのときは、なにが原因でできなかったかを書きだし、対策を書き出し、その対策を今週実行します。

いわゆるPDCAですね。

自分の残された時間を思い、やりたいことを日々の行動に加えるようになってから、自分の時間と同様、他人の時間も大事に思う気持ちが強くなりました。

誰にとっても貴重な30,000日。その人自身のために、よりよく使えるようにしていきたいですね。

昨日のGOOD&NEW

鶏ガラでラーメン手作り

禁酒を思い立ちました

参加者募集中!

12/4 自分の言葉で、商品・サービスの価値や魅力を伝えたい人に伝えよう! 非ライターのためのコピーライティング講座>>詳細と申込みはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、ブランディングや情報発信を軸とした働き方、人生を充実させるヒントなどをお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

質問募集中!

林原商店メニュー

コメント

コメントする

目次
閉じる