正しい情報発信は、生産性と幸福度を高めます

Pocket

先日、打ち合わせの時間がなかなか取れず、我が家の近くで早朝お会いしようということになりました。打ち合わせ場所は近所のカフェ。ウェブサイトで営業時間を確認し、開店時刻の7時に待ち合わせをしました。

ところが、行ってみると……

17917194_1501184986621829_6803289719123223334_o

開店時刻が変更になっているではありませんか!

急遽、打ち合わせ相手に連絡し、場所をマックに変更し、無事に打ち合わせを済ませることができました。

同じ日、こんなこともありました。

役所関係の手続きで、案内文書の通りの場所に行ったのですが、窓口で受付できないと言われました。

詳しくきくと、案内文書の表記が間違っていたのですが、正しく書いてほしい旨お願いすると

「すみません、うちで作っていないので、どうにもできなくて……」

とのこと。

別の窓口に向かいましたが、「なぜこんな無駄な時間を過ごさないといけないのか」と腑に落ちない気持ちになりました。

この2つの出来事に共通するのは、
「不正確な情報発信により、他人の時間を無駄に使わせている」
ということです。他人の生産性を下げているのです。

時間は「命」です。仕事においては、価値の源です。他人に無駄な時間を使わせるのは、避けるべきことです。

あの朝、2人は30分程度の時間をロスしました。30分の時間があれば、いろいろできることがあります。

朝、余分に30分あれば、もっとゆっくり支度ができる。昼間に30分あればメールを返信したり、ブログを返したり、ちょっとしたミーティングをすることもできます。夜30分あれば、ゆっくりお風呂に入ったり、家族と会話を楽しむことができるでしょう。

不正確な情報発信により、そんな大切な時間が奪われているのです。

大げさな言い方かもしれませんが、情報発信を正確に行うことは、社会の生産性アップや人々の幸福度を上げることにつながります。そんなふうに考え、私は「正しく伝わる情報発信」のお手伝いをしています。

ご質問お待ちしてます
メルマガ登録はこちらから
↑ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「自宅しごと」と情報発信を軸とした働き方で、人生を充実させるヒントをお伝えしています。返信もOK!
メルマガ読者登録へ


林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする