2022年の目標も「価値観」から。「行動目標」や「やりたいこと」はなるべく具体的に自分だけでできるように※状況に合わせて臨機応変で!

Pocket

年始ということで、今大切にしたい価値観と行動目標、やりたいことを考え、まとめました。

願望は思いのまま。他人の世話をするのがよいらしく、恋愛は再出発(笑)!
目次

一年の計は元旦にあり

年始には毎年、その年1年に何を目指すか、何を大切に生きるかを考えます。今年も自分の考えを書き出してみました。

今回も大事な価値観を書き出したり、セルフコーチングしたりしてウンウン。

目標はできるだけ「SMART」に

年末に未達かどうかを判断するためには、具体的な目標があると分かりやすいですね。そこでおすすめの目標の立て方は、「SMART」であることです。

「SMART」とは、以下を意味します。

  • Specific:具体的である
  • Measurable:数値目標や「やった/やらない」など、計測が可能
  • Achievable:現実的で達成可能である
  • Relevant:目指す結果との関連性がある
  • Time-bound:期限が明確

このほか、「自分だけで完結する」も大事です。

例えば「1位を取る」は他の選手が強いかどうかに影響されて未達となり、自分の努力でどうにもならないこともあります。

しかし、「練習に毎週参加する」なら、自分の意志と努力で達成できる目標です。

実行は今年も「OODA(ウーダ)ループ」

目標の実行方針は、今年もやはり「OODA(ウーダ)ループ」で。

周囲の環境がどう変化するかわからない昨今。具体的な行動目標・数値目標の達成が前提からなくなったりしがちだからです。

大きな目標と方向性は見失わず、そのときどきで最適な行動をとるのがベストです。

大切にする価値観

というわけ、私が今年、大切にする価値観は以下4つとしました。

  • 健康
  • 自由
  • 自立

私は人生の目的を「幸せであること」と考えています。そのためには、上記4つの価値観の充実が必要だと認識しています。

幸福に必要な価値観には、正解があるわけではありません。その人それぞれ重視することは違います。自分にあっていることが重要です。

昨年は7つ(健康・自立・自由・中道・誠実・倹約・達成)。今年はさらにシンプルに厳選しました。

以下に詳しく解説します。

価値観と目標・やりたいこと

愛 自分にも他人にも誠実に、信頼関係を築く

自分

  • 自分を認め、受け入れる(基本的に「まあ、いいや」でいく。「ダメ」とか「失敗」とか言わない)
  • 自分を尊重し、自分の「快適」を優先する(やりたいことをやる。やりたくないことはやらない)

 家族

  • 協力しあって、仲良く過ごす(家族で外食orお出かけ、月1回以上!)
  • 子どもたちが経済的・精神的・生活的に自立できるよう育てる(見守り、勇気づける。余計な手出し・口出しをしない)

 友達仲間

  • 相手の価値観を尊重する
  • よい影響を与え合う
  • 尊敬する人・賛同できる人・好きな人と関わり、遊び、働く

健康 ベストコンディションを保つ

感情

  • アートか自然に週1は親しむ
  • 好きな人・尊敬できる人・一緒にいて気持ちいい人とだけ過ごす
  • 快適な空間で、好きなものに囲まれて、好きな服を着る(屋内の整理整頓を確立し、整った部屋にする)
  • トライアスロンやマラソンの大会参加を再開する(トライアスロンはミドル完走、フルマラソンはサブ4が目標→能登島トライアスロン、佐渡国際トライアスロン、富山マラソン)

  • 睡眠7時間30分以上
  • 昼寝20分

身体

  • 栄養があって美味しい良質食材で腹八分目
  • 有酸素系トレーニングを週5回(月・水・金・土・日)
  • 自重筋トレ(週6回)でボディメイクする
  • 仕事は30分に5分休憩
  • お酒はハレの日だけ。好きな人と外で飲む(「普通の日に、家で一人で飲む」はなし)
  • 体重5キロ減&体脂肪率25%以下

自由 不安もあるけど楽しい

思考

  • 前提や常識を疑い、他人の価値観に囚われることなく、自分の頭で考える
  • 旅・本・人から学ぶ(旅<国外年1回、国内10回>、本<月10冊以上>、人<じっくり話を聴く月4人以上>)

発言

  • 思考と発言と行動を整合させる
  • アサーティブに伝える
  • 嘘をつかない
  • 発信力を高める(ブログ・メルマガをほぼ毎日発信。セミナー開催月1回以上)

行動

  • その行動に対して、最適な時間に実行する
  • 約束を守る
  • 先約優先
  • 好きなときに、いたい場所にいる

自立 まず自分自身を恃む

精神的

  • 自分の価値観を尊重して、自分で判断し、その判断に責任をもつ
  • 他人の価値観も認め、尊重する
  • 自分の機嫌は自分でとる

身体的

  • お風呂上がりは、ストレッチや肌の手入れタイムにする
  • 自重筋トレ週6回
  • トライアスロンなど、カラダを使う趣味を続ける

経済的

  • 備え 収入の2割は貯める。一時的に働けない場合に備え、1年分の生活費は保持する 
  • 倹約 必要なもの、ずっと使いたいもの、贈り物を買う。経験と思い出を得るために使う。新品でなくてOKなものは中古を活用
  • 資産収入 賃貸用不動産物件の新規購入。株式投資、投資信託などリスクの低い投資をコツコツ続けて利益を出す
  • 労働収入 やりたいことができるだけの収入を得る(新事業、新商品開発。仕事と遊び・暮らし・旅の融合。いただけるお金は活かして還元)

幸せのためにはまず健康。いろいろ整ってこそ仕事もできる

こうやって見てくると、私が一般的な価値観よりも、「仕事」(上記リストでは、最後の「労働収入」部分)の比重を小さく考えているように見えるかもしれません。

しかし、私ももちろんお仕事は大事に思っています。お金は社会の血液のようなものだと思っています。たくさん流れてきたほうがいい笑。

ただ、私は「健康」なカラダで「愛」が満たされていればまずは幸せで、仕事のパフォーマンスが上がるんです。※かつて不規則な生活で健康を害したり、人間関係にトラブルがあったりしたときは、精神的にとてもしんどく、仕事もメタメタでした。

また、仕事でいくら稼いでも、穴が開いたバケツのようにお金を使っていては、いくらあっても足りません。

不健康で不自由で、楽しい時間を一緒に過ごす人もいなければ、人生が寂しいばかりです。

どんなに人が羨むような状況でも、本人のメンタルが不健康なら、幸せを感じることができません。

私たちは「仕事」を大事にして優先しがちです。「仕事が『入った』から」と家族や友人との約束をやぶったり。

しかし、社会人になって25年。いろいろな経験と模索を経て、ワークもライフも人生をトータルに考えると、仕事以外の分野も大切に整えるのが、総合的によい状態になるための近道だと考えるようになりました。

というわけで、今年は、仕事とプライベートを調和させ、私のもつさまざまな要素がよい影響を与えあいながら、公私とも全体的に活動量と成果が大きくなっていくような1年にしていきます!

あなたともどこかでご一緒するかもしれません。そのときは、どうぞ仲良くしてやってください!

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届け後、言葉の力やブランディングでお悩みを解決するヒントや林原りかの日々の暮らしについてお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

ご感想・コメント募集中!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる