まさかの頚椎椎間板ヘルニアも! 肩こりや腕、手の疲労感はヘルニアの仕業でした。パソコンやスマホをよく使う人は気をつけて!

Pocket

腰椎(腰です)の椎間板ヘルニアで緊急手術した私。今度は頚椎(首です)の椎間板ヘルニアが発覚しました!

目次

これが「痺れ」でしたか

腰のヘルニアの手術のあと、圧迫されていた神経がなかなか回復ぜずにいます。このため残っているのが、左足の軽い麻痺と痛み、痺れです。

麻痺というのは、わかりやすくいうと、「力を入れているつもりなのに力が入らず動かない(動きにくい)」状態です。

痺れについては、正座で足が痺れる…とはいいますが、ああいった「触ると痛い」というものではありません。ずっとビリビリしているような重だるいような感覚があるんです。

「足に痺れが残る」という状況になって気づいたことがありました。

……この感覚、知っている!

腕から手先に「痺れ」あり

というのは、1年ほど前からでしょうか。左腕から手先に、この「痺れ」を感じていたのです。

しかし、私はそれを「肩がこりやすい」「腕が疲れやすい」「PCの使いすぎで手が疲れて動きにくい」などと考えていたんです。

お風呂に入ったり、ストレッチしたり、マッサージしたりしていました……。

診察でお医者さまにこのことを伝えたところ、首を触って「ここ痛い?」と。はい、痛いです。

MRIで確実に

そこでMRIをとったら…

はい、出ていました! 首を通る神経は腕や手につながっていて、このヘルニアが左腕から指まで通る神経を圧迫しているそうです。

ただし、今回は手術が必要なレベルではないとのこと。当分は薬で痺れと痛みを緩和すつつ、様子を見ることになりました。

原因はPCはスマホ?

首のヘルニアについては、原因はPCやスマホの使いすぎであることが多いそうです。このため、若年層で頚椎椎間板ヘルニアが増えているとか。

なぜPCやスマホがNGかというと、下を見てうつむいている姿勢が首にとても悪いそうです。

PCは台に乗せる、スマホは目の高さまで上げるといった配慮が必要とのことでした。

みなさん、くれぐれも気をつけましょうね!

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届け後、言葉の力やブランディングでお悩みを解決するヒントや林原りかの日々の暮らしについてお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

ご感想・コメント募集中!


林原商店レギュラーメニュー
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる