「自己肯定感」は行動するパワーの源。無理せず楽しく高めるには、「自分を心地よくする」「マインドフルネス」が効果的

Pocket

仕事でも趣味でも家事・育児でも、行動するパワーの源となるのは、自己肯定感ではないでしょうか。自己肯定感を無理なく、楽しく上げる方法をご紹介します。

丁寧に作られた安全・安心・ヘルシーランチに舌鼓
目次

丁寧に作られた 食事とじっくり施術に大満足

先日の誕生日に、 自分で自分を労う時間を持ちました。コロナ禍の1年、我ながらよく頑張りましたもん。

ランチはに、管理栄養士で安全でナチュラルな食事を提供するイベントを主催する友人の手作りご飯をいただき、その後は同じ場所で行われていた 骨格矯正の体験会に参加。約50分、丁寧にあちこち整えていただきました。

慌ただしい日常を忘れたような穏やかで寛いだ時間に、体の中と外の両方を整えていただいたような気分。

誕生プレゼントまでいただき、すごくスッキリして帰宅しました。

私は、こういう風に、自分自身を心地よくなるための時間を時々、持つように意識するようになりました。

それは自己肯定感を高めるためです。

自己肯定感は行動を起こすパワーの源

最近よく聞く「自己肯定感」。これは、自分が自分に満足し、自分を価値ある存在として受け入れている状態です。

このような感覚を持っていると、 その結果以下のようなことが起こります。

  • 元気で明るく 前向きな気持ちを持ちやすい
  • 失敗を恐れず、新しいことに挑戦しよう、やる気が起こる
  • おかしなことを言ってくる人がいたら「自分が悪い」と気に病まず「何言ってんのこいつ」と反応することができる
  • ダメンズやブラック友人・同僚などに振り回されることなく、「この人たちは私にふさわしくないわ」と思える
  • 自分の力の無さを感じた時に、 それを指摘した人などに怒りを感じたり、 自分はダメなやつだと卑屈になるのではなく、 素直に「自分もまだまだ。頑張ろう!」と思える

……といった具合です。

私は文章指導や情報発信のコンサルをすることもあります。ブログが書けないという人の中には、書きたいネタも文章力もあるのに「私なんかが書いていいんだろうか」「私なんかが書いたら批判を受けるのではないか」とためらっている人も少なくありません。このような方は、肯定感を上げれば情報発信もできるようになります。

とは言え自己肯定感は、「下げたい」といって自分で下げている人はまずいません。

これまでの育ち方や過ごし方、周りの人たちの影響によって、知らず知らずのうちに、やむを得ず下がってしまうものでしょう。

自己肯定感を自分の意図で高めたいと思うなら、自分で意識的に何かしらのアプローチをする必要がありますよね。

自己肯定感を高める方法

自己肯定感を高める方法としてよく知られているのは「小さな成功体験を重ねる」です。

確かに、その通りではあります。しかし、自己肯定感が低い人にとっては、その小さな成功体験をするための挑戦すら難しいのではないでしょうか。そう、「分かってはいますが、それができれば苦労しません」というヤツ。

そんな方には、自分の気持ちひとつでできる以下2つの方法をお薦めします。

自分を自分で心地よくする

自分で自分を接待するように、快適な空間、おいしい食べ物、気持ちの良い洋服、お気に入りのグッズなどに触れましょう。

いただいた誕生プレゼント。カラダの中からキレイになれそう

お金をかけられるに越したことはありませんが、たとえお金がなくても、安い食材でおいしいものを作ったり、家族の部屋よりも自分のお気に入りのスペースを優先的に掃除したりすることだって「自分を心地よくすること」に入ります。

そういう意味では、ひとり温泉もお勧め。清潔な布団、広々とした温泉のお風呂、美味しいご飯が楽しめます。

ちなみにこれはインスタ映えや誰かから褒められることを気にする必要はありません。自分自身が自己満足すればそれでOK! 

これで自己肯定感が上がるのか、努力も克服も成功もしていないのに本当?と思うかもしれませんが、かなり効果あります。

なぜなら、嫌な人間関係や不快な空間、ハードなスケジュール、美味しくもないジャンキーなご飯、あちこち痛いからだ…… そういうものに囲まれていては、自分に満足がいくわけがありません。

本当に自分が好きなものばかり、気持ちのいいことばかりに囲まれていれば、自己肯定感は知らず知らずのうちに上がります!

「マインドフルネス」な状態を目指す

マインドフルネスとは、「今、ここ」に集中する心のことです。

つまり、過去を後悔したり、未来を不安に思ったり、何かをいいとか悪いとか評価したりすることなく、今ただそこに在ることを大切にするという状態です。

自己肯定感が下がるのは、過去の失敗を後悔したり、未来もうまくいかないんじゃないか心配したり、ほかの人と自分を比較して劣等感を抱くから…といった理由があります。

しかし、今ここに居る自分にしか意識しないとすれば、後悔も不安の劣等感も関係がありませんよね。

座禅やマインドフルネス瞑想など、試してみてはいかがでしょうか。

自分が本当に心地よい状態を認識できれば自己肯定感は上がる

自己肯定感は高くするのは、それほど難しいことはありません。

自分が本当に好きなこと、本当に心地よいことを認識し、そのような環境に自分を置いてやれば良いのです。

そういう自分を感じるためには、マインドフルネスな感覚であることも大切です。

このあたり、ぜひ意識して、自己肯定感を高め、自分のやりたかったことにトライしてみましょう。そして、それから「小さな成功体験」を無理せず重ねていきましょう!

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届け後、言葉の力やブランディングでお悩みを解決するヒントや林原りかの日々の暮らしについてお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

ご感想・コメント募集中!


林原商店レギュラーメニュー
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる