漢字の書体は中国で変遷。「楷書で書いてください」ってどういうこと?

Pocket

文字の書き方の種類「書体」についてご紹介します。

画像引用(https://www.u-can.co.jp/shodo/hand_write/study/in_the_life/)

目次

中国の書体の変遷

甲骨文字

殷(紀元前17世紀頃 – 紀元前1046年 )の時代に生まれた書体です。中国最古の書体です。亀の甲、獣骨などに彫られました。

なぜ、彫ったか……まだ紙がないからですね!

金文(きんぶん)

周(紀元前1046年 – 紀元前256年)の時代の青銅器に刻まれた書体です。甲骨文字と似ており、象形的な形が特徴です。

篆書(てんしょ)

紀元前221年に史上初めて中国全土を統一し、紀元前206年に滅亡した秦。秦の始皇帝は国を統一した際に、文字も統一し、公文書に使用しました。このころの篆書は、木簡や竹筒に書かれています。

左右対称が基本となる書体で、今もはんこの文字としてイメージする人は多いのではないでしょうか。パスポートの表紙も篆書です。

隷書

篆書は画数が多くて書くのが大変でした。

そこで漢(紀元前202〜220年) の時代に、篆書を簡略化して生まれたのが隷書です。

右へ重みのかかったバランスが特徴。安定感があり、今では少し古風にも感じられる書体です。

富山県の地元紙「北日本新聞」など、新聞の題字でよく見かけます。

草書

篆書よりは単純化したとはいえ、文字の全てが漢字の中国語は書くのに時間がかかりがちです。そこで、隷書の速記版として前漢の時代に生まれたのが、草書です。

実は、楷書をくずした書体ではなく、草書を整えて楷書が生まれました。

行書

草書は書くのは速いが、崩しすぎていて読みづらい。というわけで、同じく隷書から後漢の時代に派生した速記体が行書です。

曲線的な形で、流れるように記されます。書きやすく、読みやすく、字体を美しくと工夫されています。

楷書

隷書を元に4世紀ごろ使われるようになり、唐(618~907年)の時代に完成したと言われる書体です。中国の手書き文字としては、最後に生まれた書体てす。

行書をさらに美しく整えた書体です。「楷」には「整える」という意味があります。

特徴は以下の通りです。

  • 省略や崩しがない
  • ひとつの線、ひとつの点を書くたびに、筆を紙から離す

日本に漢字が伝わったのは5つの書体が出揃った後

日本に漢字が伝来したのは4世紀後半の弥生時代と言われています。

江戸時代には、行書や草書が一般的に使われ、明治以降は公文書などから楷書が使われるようになりました。

提出する文書は「楷書」で書こう

書類やテストなどに手書きで書くとき「楷書で書いてください」と言われることがあります。

これは、「線や点を曲がるところを省略したり、崩したりせず、丁寧に整えて書いてください」の意です。

提出する書類は、丁寧に整った、誰もが読める字を書きましょう!

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届け後、言葉の力やブランディングでお悩みを解決するヒントや林原りかの日々の暮らしについてお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

ご感想・コメント募集中!


林原商店レギュラーメニュー
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる