前日受付と競技説明会での注意点 のとじまトライアスロン大会2019レポート1

Pocket

「のとじまトライアスロン」に今年も行ってきました! 2017年の第1回大会から参加し、今回で3回目となります。今回も大会レポートをご紹介します。まずは、前日受付から。

風光明媚な能登島全体を走るショートディスタンスのトライアスロン大会

まずは大会概要からご紹介します。

制限時間は長めで、海が穏やか。バイクやランのコースの景色がとっても綺麗でおすすめの大会です。

開催日時

2019年6月30日(日)7:30スタート ※雨天決行

競技種目、距離、制限時間

  • 部門 エイジ、リレー
  • 距離 スタンダード・ディスタンス 51.5km(スイム1.5km、バイク40km、ラン10km)
  • 時間 スイム終了まで60分、バイク終了まで3時間30分、ラン終了まで4時間30分

大会の日程

前日には大会受付と競技説明会が行われます。

一般的にトライアスロン大会は、事前の競技説明会に参加しないとレースに出ることができません。

大会によっては、バーコードなどで厳しくチェックされるので忘れずに参加しましょう。

6月29日(土) 大会前日

13:00~ 受付

~14:00 ゲストセミナー

14:30~15:00 競技説明会

開催場所は、能登島生涯学習センターです。

6月30日(日) 大会当日

6:00~7:00 受付

7:30 競技開始

12:00 競技終了

開催場所は、能登島町マリンパーク海族公園特設会場です。

前日の受付と競技説明会

海の下見

今年は大雨による悪天候が心配されていたトライアスロン大会。午後からの受付の前に、午前中のうちに海の下見をしてきました。

この段階ではまだ霧雨状態。会場となる海水浴場では着々と準備が進められていました。

65386300_2887928984614082_3636141784062492672_n

水は澄んでいて波も無く、このままの状態なら問題なく泳げそうです。

65299781_2887929094614071_5239263598882062336_n

軽く試泳し、パニックを防ぐべく心の準備をしてきました。

前日受付と競技説明会

次に、競技説明会の会場に移りました。

ここでは、ゼッケンやキャップを受け取り、手首にはレースナンバーを書いたベルトを装着(大会終了まで外すことはできません)。

健康チェックカードを兼ねた誓約書を提出し、審判によるヘルメットチェックが行われます。

その後、ゲスト選手である河原勇人さんによる安全講習会の後、コースなどの説明が行われました。

65568803_2887929177947396_4583849038301888512_n (1)

河原勇人さんのアドバイス

備忘録を兼ねて、いかに河原さんのアドバイスのメモを転載します。

全体を通じて

  • 笑顔で楽しく競技することが大事
  • レースも大事だが、次の日の仕事を安全に行える状態であることが大事
  • ストレッチを念入りにすること。特に鎖骨と肩甲骨、あばらを動かす。クロールのかきは、鎖骨を落とすようにすると腕が楽です。

3種目を通じたギアについて

  • 悪天候では、体を冷やさないことが大切です。とくにお腹周りを冷やさないようにしましょう。そのためには、マッサージオイルやワセリンでお腹周りに膜をつくると良い(反対に暑いときは、手のひらを冷やす。ジップロックに氷入れて持つ。タイツに氷を入れるのもよい)
  • キネシオテープを首の後ろに貼ると擦れにくい。炎天下の場合、うなじの日焼けを防げる
  • 雨の日は色の薄いレンズ(ミラーレンズは見えない)
  • 体が濡れているときは、大きめのコンビニの袋を手足にかぶせると腕・足が通りやすい
  • ウェットスーツは股まであげる 。肩もウエットスーツをしっかりあげないと泳ぐ時に肩がつらい。スーツのたるみをなくして、肩にゆとりを持たせると泳ぎやすい。

バイクのギアについて

  • ウエアの下にドライインナーを着るとよい
  • ヘルメットはストラップにゆとりがないこと
  • ダイヤルもしめて、頭を振ってもずれないようにすること
  • サングラスも明るい色のレンズ
  • レンズに自動車の撥水グッズをぬるとよい
  • オイルはクロカン用が落ちにくい
  • レース後は自動車用のクロスでさっとひとふきすると良い

ランニングのギアについて

  • 雨の日は帽子を被ること。体温を保つ、顔に雨があたらないようにする効果がある
  • ビニール袋にソックス、シューズを入れておくと濡れにくい
  • バイクでソックスを履く人も、ランニング用にソックスを変えるとよい
  • 左右のソックスをシューズに入れておくと、履くのがスムーズ

安全について(スイム)

  • 競技前に、アップで心拍数を一度あげておくこと
  • 外側の安全なところを泳ぐ
  • いきなり泳がずに、歩いたり、イルカジャンプをしてから泳ぐと良い
  • 先頭で泳ぐより、海に流れができてから泳ぐ方が楽
  • 最初の200 mは、疲れるので注意する

安全について(バイク)

  • 能登島は、コーナーやUターンがあるテクニカルなコース
  • コーナーでは重心をペダルにおく(お尻を軽く浮かせる、足で挟む)と良い
  • 漕ぐときは引き足を引き上げ、前の足に体重をのせると良い

安全について(ラン)

  • 最初速く入りすぎないこと。
  • 1、2キロは重力になれるまでゆっくりと行く
  • 姿勢は腰高のフォーム(おへそとみぞおちのあいだを開くイメージ)
  • 顎は引くと呼吸が苦しくなり、背中のアーチが崩れるのでよくない
  • リズムは軽く細かく走る90回転。1秒よ3歩のアンパンマンのマーチくらい
  • イーブンペースはつらいので、リズムを一定に意識すること
  • 呼吸は「ハッハッハ」は浅い呼吸。「フーフーフー」のほうが呼吸ができる
  • 苦しいときほど、ほっぺを膨らまして「フー」とすれば、腹式呼吸になる
  • 笑顔のほうが、楽になる。笑顔を交わして走ろう

競技説明会

競技説明会では、当日のレース前の時間割を確認することが大事です。

以下の時間は、把握しましょう。

駐車場オープン (聞けなかったが、例年通り5時か?)

  • トランジションオープン 6時~
  • 当日受付 6時~
  • スイムオープン 7時~
  • 入水チェック 7時10分~
  • セレモニー 7時20分~
  • スタート 7時30分

その他競技説明会では以下のことが注意されました。

  • ウニに注意
  • レースチューブOK(捕まって泳いだら失格)
  • 乗車ラインから出てから乗る、ラインの手前で降りる
  • ヘルメットかぶってストラップかけてから、バイクを外す
  • バイクかけてからヘルメットとる
  • ドラフティング禁止
  • 2階に荷物あずかりと着替え(乾いた服)あり
  • バイクラックには自転車の前輪を乗せる
  • バイクの左に荷物

競技説明会が終わると、雨脚が強まっていました。明日は大丈夫かと不安になります。

65263232_2887929247947389_3107075965805658112_n

荷物の準備は天候を予測して

帰宅後は荷物を準備。毎度のことですが荷物が多いので、チェックリストを作っておくことをお勧めします。

65947340_2888290464577934_6602994669745864704_o

今回は雨が予想されるため、着替えやタオルを多めに用意しました。

後から振り返ると、準備なので外を歩き回る時のために、本格的な雨合羽を持っていくべきでした。

ウィンドブレーカーはずぶ濡れになってしまいました。

今日はこれで、お酒(二日酔いはもちろん、脱水も防ぐため)も飲まずにお休みなさい。

では、次回は大会当日の様子をお伝えします。

メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「情報発信で人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ

 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする