2024年もお節でスタート! 今年の新作は「松風焼き」

(1月1日の朝ごはん)

今年も最初のご飯は毎年恒例のお節です!

目次

今年のお節

私は高校生のころから毎年お節料理を作っています。

ここ数年はブログでもご紹介。

毎年だいたい同じメニューではありますが、味付けや材料を変えたり、新メニューを追加したりと少し違うのもお楽しみです。

今年はこんな感じになりました。

祝い肴が中心の一の段。

海の幸が中心の二の段です。

新作は松風焼き

今年はお肉メニューを追加しました。

というのも、魚が苦手な高2三女が毎年、鼈甲とお餅ばかり食べているからです。

三女にもお節の愉しみを……と追加したのは、松風焼き。

鶏のひき肉に卵などを混ぜて触感を柔らかくし、味噌や柚子で味をつけて、表面に胡麻をかけて焼きました。

おめでたく裾広がりの台形にカットします。

本来はケシの実ですが、うちの近くのスーパーにはないので胡麻で代用しました。

三女だけでなく、家族みんなから好評で、これは定番化しそうです。

「松風」は「裏さみしい」「裏がない」

ちなみに、お節におなじみの由来は「裏がない」とのこと。表にしかケシをつけていないからだそうです。

また、松風焼きという風情ある名前は能にちなんだもの。

「松風(待つ風)ばかりで浦さびし」→「裏さみしい」というわけで、やはりお節はダジャレが好きなんですね(笑)

裏表がないことはいいことだと思います。

仕事でもプライベートでも、どこに出ても恥ずかしくないよう生きていきたいものです。

今年もお節で一年の息災を祈りました。あなたにとっても、素敵な1年になりますように!

お仕事のご依頼はこちらから

ご依頼フォーム へ

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届け後、言葉やブランディングで、ビジネスと人生を充実させるヒントをお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

ご感想・ご質問を募集中!

Google Docs
ご感想・コメントお待ちしています! ブログ「林原商店」へのご感想、コメント等はこちらからどうぞ。ご質問にはブログを通じて100%回答させていただきます。※ご質問の意味が理解しかねる場合は、お答えいたし...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次