相手の力を信じる「コーチングマインド」や「課題の分離」は子育てにも役立ちます

Pocket

先日、子育てに関するコンサル&コーチングのセッションを行いました。コーチングで学び、身につけた「コーチングマインド」やアドラー心理学の「課題の分離」という概念は、子育てにもとても役立つ考え方です。

目次

自発的行動を促進する「コーチング」

「コーチング」という言葉をご存知でしょうか。私がコーチングを学んだ「銀座コーチングスクール」では、コーチングを以下のように定義しています。

パフォーマンスを向上させるために対象者を勇気づけ、質問によって気付きを引き出し、本人の自発的行動を促進させるコミュニケーション技術

https://www.ginza-coach.com/basic/knowledge/whatiscoaching.html

つまり、「目的=パフォーマンス向上」「手段=勇気づけ」「具体的方法=質問で気付かせる」「結果=自発的行動」という感じです。

似たような言葉と比較すると、「コンサルティング」は、クライアントの相談にのって課題を見つけ、その解決策を提案すること。「カウンセリング」は、対話を通じて、悩みやつらさ解消できるよう導きます。

「カウンセリング」がマイナスを0に持っていくイメージ、「コーチング」は0を5や10にするイメージでしょうか。

このコーチングを相手に対して施す方を「コーチ」と呼びます。スポーツなどのコーチと同じですね。

相手を尊重して味方となる「コーチングマインド」

私がコーチングを学んで、好きになった考え方に「コーチングマインド」があります。コーチングマインドは以下のような考え方です。

コーチは、クライアントの持っている無限の可能性と、クライアントが抱える問題の解決やゴール達成へ向けて必要な事柄は、すべてクライアントの中にあることを信じます。コーチとして自己基盤が確立されていてはじめて、そのように信じることが可能になります。コーチはクライアントを人間として尊重し、100%クライアントの味方になります。クライアントより偉いのではなく、共にゴール達成を目指すパートナーが、コーチです。

https://www.ginza-coach.com/overview/feature/curriculum.html

つまり、相手がよりよくなっていく力をもっていることを信じて、対等な立場として味方になる……ということですね。

この考え方は、コーチングセッションのときだけでなく、周囲の人との関わり方や育児にも大いに役立ちます。

本人が解決できると信じて「課題の分離」

コーチングマインドの考え方を知らないころの私は、よく人に求められもしないアドバイスをしていました。子供たちのやることにもあれこれと口出しをしていたと思います。

「自分が手や口を出さないと大変なことになる」と思い込んでいたのでしょう。でも実はこれって、相手に解決能力がないと見下していたんですよね……。

しかし、コーチングマインドにのっとり「本人の問題は本人が解決できると信じる」「本人の全面的な味方として応援する」と姿勢を改めたら、その心配してした本人たちの課題は、本人たちでやっぱり解決できるのです。

これは、アドラー心理学でいうところの「課題の分離」にも通じます。

アドラー心理学について書かかれた『嫌われる勇気』の中にこんな一節があります。「なかなか勉強しない子どもに親はどうするべきか」と語りあう場面です。

青年 いやいや、まったく違います! そんな事態にならないためにも、人生の先輩であり、保護者でもある親には「勉強しなさい」と諭す責任があるのでしょう。これは子どものためを思ってのことであって、土足で踏み込む行為ではありません。「勉強すること」は子どもの課題かもしれませんが、「子どもに勉強させること」は親の課題です。

哲人 たしかに世の親たちは、頻繁に「あなたのためを思って」という言葉を使います。しかし、親たちは明らかに自分の目的──それは世間体や見栄かもしれませんし、支配欲かもしれません──を満たすために動いています。つまり、「あなたのため」ではなく「わたしのため」であり、その欺瞞を察知するからこそ、子どもは反発するのです。

https://diamond.jp/articles/-/226815

相手の課題にまで介入することは、相手から反発を招いたり、モチベーションを下げたりすることに繋がります。

私たちができることはせいぜい、自分の課題に向き合い、自分課題を解決する姿を見せることくらいなんですよね。自分の課題解決に取り組み、ハッピーそうな様子を見せることのほうが、周囲にもよい影響を与えていきます。

この考え方をするようになって、人間関係も育児もすごく楽になりました。特にこの効果を強く感じたのは、娘たち2人が不登校になったときです。

本人たちの課題であると考え、「本人の全面的な味方として応援する」で徹しました。私は私で、自分の仕事やトライアスロンなどの活動で、よりよくなっていきたい!と励んでいました。

そうしているうち、娘たちはそれぞれ自分で考え、解決していきました。

というわけで、周囲の人の問題を自分の問題として悩んだり、ヤキモキしている方には、遠くから見守り応援していることを伝える程度にして、まずは自分自身の課題に目を向けることをオススメしています。

林原商店では、子育てや親の生き方に関するコーチング&コンサルティングもお受けしています。


お仕事のご依頼はこちらから

ご依頼フォーム へ

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届け後、言葉の力やブランディングでお悩みを解決するヒントや林原りかの日々の暮らしについてお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

ご感想・ご質問を募集中!

よかったらシェアしてね!