銀座コーチングスクールの認定コーチでも、コーチングを受ける理由

Pocket

先日、コーチングを受けました。私は銀座コーチングスクールの認定コーチなので、
「コーチなのにコーチングを受けるの?」と質問されたことがあります。意外かもしれませんが、コーチもコーチングを受けるんですよ。

P_20170428_101111

コーチもコーチングを受けるメリット

コーチングの価値を知っているからコーチになったわけです。コーチがコーチングを受けるのは、むしろあたりまえかもしれません。

「セルフコーチング」といって、自分で自分をコーチングする方法もあります。

ただ、この方法だと、「フィードバック」をもらえないとこがデメリットです。この「フィードバック」が、コーチである私も別のコーチにコーチングしてもらう一番の理由です。

「フィードバック」は、私が学んだ銀座コーチングスクールでは、以下のように説明しています。

「フィードバックする」とは、コーチが相手から感じたものを伝えるスキルです。
そのことにより、自分(相手)自身では見えていないことに意識が向き、その結果、「気づき」が生まれるのです。
相手に対するポジティブなフィードバックは励ましになります。

今回も自分では気づけない発見アリ!

今回のコーチングでも、今自分の頭の中でモヤモヤとしていて、自分で考えこんでいても新しい考えが生まれてこず行き詰まっていた課題について取り上げました。

あれやこれやと質問されて考えるうちに、課題が整理でき、なぜ行き詰まるのかの原因も見つけることができました。スッキリしました!

上手なコーチングを終えると、晴れ晴れとした前向きな気持ちになり「やるぞ~!」と元気がわいてきます!

メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「情報発信で人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ

 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする