大事なことをやるにはタイミングが大事。1日の最初に!

Pocket

今回のテーマは「大事なことをいつやるか」についてです。私の答えはこちら。

miya160101030064_tp_v

朝起きたら、まずやる。

朝起きたら、朝ごはんの支度より、メールのチェックやフェイスブックのチェックよりも前に、テレビをつけるよりも前に、「大事なこと」に向き合います。

なぜメールやフェイスブックよりも先かというと、ひと眠りした後のまっさらな頭と感情のまま、「大事なこと」をするべきだからです。

また、うっかりテレビやメールやフェイスブックに時間泥棒されないためでもあります。

「大事なこと」はひとりでできる

早朝なので、電話や打ち合わせなど相手との直接のやり取はしにくくはありますが、「大事なこと」はひとりでできることが多いように感じます。

例えば……

  • 朝日を見ながら深呼吸する
  • ゆっくりとハーブティやコーヒーをいれる
  • じっくり読みたい本を読む
  • 集中して取り組みたい業務に取り組む
  • 将来の目標を考える
  • これからやりたいことをリストアップする
  • 1日の過ごし方を決める
  • 走る(起きて1時間程度たってからがオススメ)

など。自分と向き合うひとりの時間です。

もちろん、子供たちが小さいときは、朝のうちに家事や仕事を片付けや、夜中眠れなくて朝寝することもありましたが、それも

「大事なこと」

という気持ちで。

ほんの少しの時間でも、深呼吸をして心を整えることが大事。朝、落ち着いた時間を持つためには、少しの早起きが必要ですが、その価値はあると思います。

健康と日中のパフォーマンス向上のためにぜひ。

メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「情報発信で人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ

 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする