ビジネスプランやコンセプトづくりのポイント。「●●したい」を社会的な意義や顧客の課題解決と結びつけよう!

起業するなら作っておくべきビジネスプランやそのコンセプト。作るときに大切なことのひとつが、そのビジネスがどう社会に貢献するかや、顧客のどんな課題解決につながるかです。

写真 地球を支える私…ではなく、立体映像の地球

目次

「●●したい!」には「どうぞ、頑張って」

起業したい方、すでにビジネスに取り組んでいる方から、ビジネスプランやビジョン、ミッション、コンセプトなどを伺うと、「●●したい!」と自分の希望を熱く語られることがよくあります。

ここで注意したいことがあります。その願望はあなた一人だけのものですか? それとも社会や顧客にプラスの変化をもたらすものでしょうか。

もしも、その願望があなた一人のものだとしたら、それはただの「欲望」あるいは「エゴ」ではないか、考えてみましょう。

もしもそれが「欲望」あるいは「エゴ」だったら、それに対して「協力しよう」「お金を出して頼みたい」という人が現れるか考えてみてください。

……多くの場合、「どうぞ頑張って」で終わるのではないでしょうか。

「やりたい」は、「社会的意義」や「顧客の課題解決」と結びつけることが大切です。

社会的意義があるから存続する意味がある

「社会的意義」とは、「社会に役立つこと」や「社会をよくすること」を指します。

「自分のやりたい・叶えたい」という欲望を強くもっているなら、それをまずは「社会的意義」とつなげることを考えましょう。

例えば、「自分のやりたい・叶えたい」が「大好きなお菓子を作って生活したい」だったとしても、そのビジネスが何かしら社会の役に立ち「●●問題を解決する」ものにならないかを考えます。

ひとりのエゴや欲望段階は「それは素敵! 趣味として楽しんでください」と見られておしまいでしょうからね。

「自分のやりたい・叶えたい」は、心の中にもっていてもちろんOKです。

ただ、対外的に発信するビジネスプランやビジョン・ミッションとしては、世の中をどうよくするかのほうを出していきます。

ある属性の人の抱える問題を解決したり、特定の特徴をもつ人たちをもっと幸せにするといったものでもOKです。

社会の役に立ったり、顧客の課題を解決するから、そのビジネスは支持を受け、お客様が価値を認めてお金を払ってくださるんですよね。

言葉を練って伝えよう

ここまできたら、そのコンセプトやビジョン・ミッショを伝わりやすい言葉にしましょう。

考えにくいようでしたら、まずは気取らず、分かりやすい言葉で仮置きしてみてください。さらに言葉を練ってかっこいい言葉、きれいな言葉、よりしっくりくる言葉でで表すことを目指します。

例えばアマゾンのビジョンは「地球上で最もお客様を大切にする企業になること」です。

ワールドワイドなスケールと充実したサービスを感じさせる表現ですね。

言葉にすることで、軸がはっきりとして、その軸が自信につながります。

どんな風に社会に貢献するのか、どんな人を幸せにしたいかをイメージし、それを言葉にしていきましょう。

林原商店サービスメニュー

お仕事のご依頼はこちらから

ご依頼フォーム へ

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届け後、言葉やブランディングで、ビジネスと人生を充実させるヒントをお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

ご感想・ご質問を募集中!

Google Docs
ご感想・コメントお待ちしています! ブログ「林原商店」へのご感想、コメント等はこちらからどうぞ。ご質問にはブログを通じて100%回答させていただきます。※ご質問の意味が理解しかねる場合は、お答えいたし...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次