親指シフトで名前を打てるようになりました。そして、ある不便さに気づく【挑戦4日目】

Pocket

親指シフトを始めて4日目。名前はそらで打てるようになりました。そこである不便なことが気になり始めました。

0001 (2)

関連記事
目次

まずは自分の名前から

親指シフトを始めて4日がたちました。今日は自分の名前を打ってみました。繰り返し、繰り返し、打つことで、そのキーが覚えられます。

 

気になったのは右手の動き

ここで気になったのは、右手の動きです。

「ら」をうつとき、親指を「変換キー」に置いたまま、人差し指で「Y」のキーをおすと、親指を支点に肘を上げて回さないと、届きません。

なるほど、だから、右手を1列右にずらしたorz配列が必要なのだと納得がいきました。

 

なお、今日のブログは親指シフトで書いてみました。ここまで33分……。

今日覚えたキーは、名前のほか以下のとおりです。

う、し、っ、。、た、ま、て、を
今回のブログのほか、SNSへのコメントや投稿を親指シフトでしています。1打で1文字書けるのは、なかなかの快感です。

文章を打つと、「を」とか「です。」とか「ました。」はすぐに覚えられますね。

商店日報

高2長女の授業参観のほか、中3次女と着付け体験に。

GOOD&NEW

初めて自分で着物を着ました。できなかったことができるって本当にすばらしい。感動しました。

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、ブランディングや情報発信を軸とした働き方、人生を充実させるヒントなどをお伝えしています。返信もOK!
メルマガ読者登録へ

林原商店メニュー 
目次
閉じる