同僚にすごくイヤな人がいます。職場も仕事も好きなのに、どうしたらいいですか

Pocket

最近、いただいた人間関係に関する質問へのご回答です。

IMG_20180916_124617

【ひとりコツコツと書き進める女性:高岡市・山町筋にて】

目次

相手の言動は、相手の自由

先日、とある女性からご相談をいただきました。

聞けば、職場にとても攻撃的な方がいるそうです。

面と向かって、非難めいたことをおっしゃってきたり、影でも悪口を言われているらしい。

それがまた、お門違いな意見で、とりあったり、反省をするまでもない。

職場も上司も仕事内容も好きなのに、その人がひとりいるだけで、気が重くなり、ムカムカと怒りが湧いてしまうのだそうです。

「どうしたらいいでしょう」

とのご相談でした。

これって、こちらからやめさせるのはおそらくできないと思います。

なぜなら、別人格のそのにひとが、どう感じ、どう考え、どう行動し、どう発言するかは、すべて、その人の自由だからです。

他人を操作することは、できません。

雑音が気になるときは、たいてい「暇」

他人が何かつまらぬことを言っていることをここでは「雑音」と呼びましょう。

そういう雑音が気になるときは、私にももちろんあります。私はそういう状況を観察し、ある傾向があることに気づきました。

もしかしたら、その方も、あなたもそうかもしれません。

というのは、雑音が気になるとき私は、たいてい「暇」なのです。

例えば、大好きなスターのコンサートのチケットが買えたとします。ウキウキわくわくと夢中になっている脳裏に、雑音が入ってくるでしょうか。

もしも今、癌が見つかり、あと半年の命だと言われたとしましょう。職場の誰かの雑音にとりあっていられるでしょうか。

打ち込めるものがあれば、または、もっと深刻な悩みがあれば、雑音はほぼ気になりません。

自分のやるべきことに集中しよう

つまり、イヤなひとからの攻撃が気になるときは、好きなものに打ち込めばいいのです。楽しいことをやりましょう。または、やらなければならないことに取り組みましょう。

自分のやるべきことに集中していれば、雑音のことはきっと、どうでもよくなってくるに違いありません。

それでももし気になるなら、坂本龍馬の短歌を思い出してはいかがでしょうか。

世の人は我を何とも言わば言え 我なす事は我のみぞ知る

分かっていないひとは、自分の狭い視野を基準に、勝手なことをいいます。しかし、私たちは、自分がやることややるべきことを自分で分かっていれば、それでいいのです。

雑音は軽やかに、無視していきましょう。

商店日報

昨日も1日、とある書籍の編集で内勤でした。

プロデュースさせてもらっている別の企業さまのホームページも、だいぶ仕上がってきました。

GOOD&NEW

とあるアプリ

参加者募集中!

12/4 自分の言葉で、商品・サービスの価値や魅力を伝えたい人に伝えよう! 非ライターのためのコピーライティング講座>>詳細と申込みはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、ブランディングや情報発信を軸とした働き方、人生を充実させるヒントなどをお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

質問募集中!

林原商店メニュー
目次
閉じる