「問題意識」や「悩み」を発信するメリット。ひとりではやらないことでも、「みんな」となら実行できる

Pocket

ひとりではできないこと、やらないことも、誰かと一緒だからできるということはよくあります。こういう人との関わりで生まれるパワーをうまく使うと、いろんなことができるようになります。

DSC04128

ひとりでは食べない高級ケーキ

先日、お仕事の打ち合わせで女性起業家の事務所にお尋ねし、そのスタッフさんと3人でミーティングをしました。

そのときお土産に持参したのは、近所で人気のケーキ店のケーキです。美味しいのはもちろん、お値段も1個500~700円程度とその価格の高さも知られています。

1200円くらいのロールケーキはみんなでいただくことがありますが、ケーキの方はちょっと思い切りがいるのですよね。甘いものがそれほど好きでない私はなおさらです。

しかし、3人でいただくならケーキも喜ばれそうと考えたところ、狙いは大当たりでした。

ひとりなら食べないものを3人なら食べる…という体験が、特別感があっていいのですよね。

ひとりではやらないハードな練習

練習会だってそうです。

ひとりで3時間走るのはやる気が出なくても、みんなで走れば楽しい時間に早変わり。

IMG_20190915_060610 (1)

「みんな」のパワーを感じます。

誘ってくれた人がいた「デンマークの女性活躍視察」

部活などで、仲間と力をあわせてなにかを成し遂げた経験がある人も多いことでしょう。

私が思い出深いのは、デンマークの女性活躍視察旅行です。自分一人なら、デンマークに視察に行こうとは思いつきもしません。

この旅に出たきっかけは、この旅を企画したという知人との会話です。

このときはまだ自分が行けるとは考えておらず、「体験談のシェア会を待ってます」と声をかけたくらいです。

この知人が「林原さんも行きましょうよ」と声をかけてくれたことが、「自分も行ける? まさか??」と考えだした第一歩でした。

一人では思いつきもしないことが、みんなと一緒ならできるのです。

「みんな」から力をもらえる自分になるための心がけ

では、「みんなが力をくれる」という人になるためにはどう心がけたらいいのでしょうか。

私の経験則では、こうした人には、共通した特徴があります。

それは、他人とのコミュニケーションの機会を持っていること、悩み事(課題)を発信していることです。

その人の一生懸命な想いを知り、悩みを打ち明けられ、助けを求められれば、相手方としても信用してくれる人を助けたくなるものです。

私をデンマークツアーに誘ってくださった方も、「林原さんのように女性活躍に関して問題意識を持っている人なら見ておくべき場所ですよ」と勧めてくださいました。

自分の考え、課題、やってみたいことなど、発信していくようにしましょう!! きっと「みんな」が協力してくれます。※人の悩みにつけこむヤバイ人には要注意!

メルマガ登録はこちらから
ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「情報発信で人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ

林原商店メニュー 
募集中
「ワーク・ライフ・インテグレーションについて考えてみませんか?」(主催/とやまcocolo会 共催/林原商店)
と き 2020年2月29日(土)13:30~16:30
ところ サンシップとやま703
詳細とお申し込みは とやまcocolo会さまHPから どうぞ!


☆セミナー開催リクエストはこちらから

通常メニュー
【企業対象】企画・ブランディング・広報担当
【個人対象】個別コンサルティング
セミナー・講演
執筆・出版
デンマークで取材!「女性活躍セミナー」動画販売
ご依頼フォーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする