提供できる付加価値は能力や技術だけじゃない。足りなければ、ほかのものでカバーしよう

Pocket

独立したいかた、社内で新しいことをやったらと打診された方が、「自分には能力や技術が足りない」という理由で、実行をためらうことがあります。しかし、仕事などの価値は、能力や技術のほかにもあると思いませんか。

仕事をしていて、相手に対してありがたいと思わうことには、技術や能力の高さ以外にも、「やる気」とか、「スピードが早い」「締切を守る」「いつも期限がいい」「話すと前向きになる」「情報通だ」など、たくさんあります。

例えば、こんなことがありました。

先日観覧した娘の所属する吹奏楽部の定期演奏会では、例年だとダンス部にダンスで彩りを添えていただいています。

が、今年は都合が合わず、吹奏楽部の1年生が踊ったり、芝居をしたりしました。

ダンスの技術はもちろん、ダンス部の方々のほうが高い。しかし、1年生のやる気あふれる一生懸命なダンスは、また違った魅力に溢れて、観客を十分に楽しませていました。

もしも、「あれが足りない」「ここが未熟」と1歩踏み出せずにいるなら、自分のもっているもので、価値を感じていただけるものは何か、よーく考えてみましょう。

きっとあるはずですよ!

メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「情報発信で人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ

 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする