「JTU認定記録会2021-2022(スイム&ラン)北信越ブロック富山県会場」に審判として参加してきました。頑張る人のサポートをするのも楽しいものです

Pocket

「JTU認定記録会2021-2022(スイム&ラン)北信越ブロック富山県会場」が開催されました。私は審判&運営係として参加。選手の皆さんを応援させていただきました。

目次

さまざまなランクで参加OK

JTUとは、公益社団法人日本トライアスロン連合のこと。JTU認定記録会とは、その名のとおり、JTUが認定する記録会です。

その記録とタイムに応じた取得級は、強化指定選手やエリート大会の参加資格となります。

午前中にスイム測定、2時間を空け、午後にラン測定を実施するなど、決まりごとがあります。

認定級はエリート選手だけでなく、一般のエイジ選手レベルのタイムと級も設定されています。

認定級はこちらのサイトで紹介されています。

審判員です!

さて、今回は富山会場で認定記録会が開催されました。

私は審判員として参加。

最近は大会がないので、この白黒ウェアも久しぶりです。

午前中にスイムを終え、午後からは陸上競技場に場所を移します。

ここでもはルール説明の後、3,000mの測定です。

富山会場の皆さんの戦績はこちらでご確認できます。

私は大会にでるのももちろん好きですが、審判や運営スタッフをするのも好きです。頑張っている人を支援するのが好きなんですよね。

昇給審査のようなお楽しみ

最近は大会が少なくなりました。私自身も腰と脚を痛めてから、大会に出るにはまだまだ力が足りません。

しかし、認定記録会なら、審判や上級者が見ていてくれるので、安心して泳ぎ、走れます。

級が少しずつ上がる上がることは、子供のスイミングスクールか空手教室など同様、力が試され、やる気に繋がります。

水泳とランを趣味にしている方でしたら、実力を試すのに参加してみるのも楽しいかもしれませんよ。私も参加者の皆さんを見ていて、記録会に参加したくなりました!


お仕事のご依頼はこちらから

ご依頼フォーム へ

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届け後、言葉の力やブランディングでお悩みを解決するヒントや林原りかの日々の暮らしについてお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

ご感想・ご質問を募集中!

よかったらシェアしてね!