講師歴8年の私が考える「3分間スピーチをメモなしでなんとか乗り切るコツ」

Pocket

大人になるとたまに3分間程度のスピーチを頼まれることがありますよね。そんな時、さっと話すことを考えたり、メモを見ずに話せたりするといいなと思いませんか。今回は講師歴8年の私が考える「3分間スピーチをなんとか乗り切るコツ」をご紹介します。


【一年間勤務した学校の離任式でご挨拶。職場仲間からも贈りものをいただきました】

目次

まずは話す内容を考える

 伝えたいことをひとつ決める

 まずはこのスピーチを通して、1番伝えたいこと、つまりテーマを1つ決めます。3分程度のスピーチでしたら、1つで充分です。

 終わり良ければすべて良し

 次にスピーチの最後をどう締めるか考えます。

「終わり良ければ全て良し」とはよく言ったもの。スピーチも最後しっかりと終われば「いいお話だったなぁ」と記憶に残るものです。

 反対に切り上げどきを見失い、ダラダラと話が続いたり、同じ話を繰り返したりして、聴く人から「あ、そこで終わっていいのに」のようなハラハラ感を与えるのは避けたいものです。

話の中心はおおまかに

 基本的な文書の構成「初め、中、終わり」の「終わり」を決めたら、次に中を考えてみましょう。

 中は 文章の構成で言うと、本題であったり、具体的なエピソードであったりします。ここ「おおまかに」決めておきます。

  「おおまかに」とは、つまり原稿を書いて、11句を覚える必要はないということです。

いちいち原稿を書くと、準備に時間もかかります。

話し始めはどうしよう

 中と終わりができたら、何から話し始めるかを考えましょう。

今朝見たニュースの話か、思い出話からか、いろんな方法がありますよね。

 さあこれでなんとなく内容が決まってきました。

 話す前の準備

 原稿執筆&丸暗記をやめる

 原稿用紙に書いてきたスピーチを読み上げるのは言うまでもなく、考えてきた原稿を丸暗記して来たんだなというスピーチもぎこちなくなりがちです。

 いつもどおり話すには、原稿は丸暗記せず、自然に出てきた言葉で話すのが1番です。

 メモは出来るだけ最小限に

 とは言え、何も見ないのは不安ということもあるでしょう。そんなときは、手のひらに収まるような髪が付箋に、キーワードのみ書いておきます。そうすれば話す事の順番を間違えることはないでしょう。

そのメモも、どこまで見たかがわからなくならないよう、単語数は少なめがオススメです。

 話すときのコツ

 深呼吸で落ち着く

 スピーチの前は緊張するものです 。緊張をほぐすためにはゆっくりとした呼吸が効果的。特に吐くときをゆっくり呼吸すると 気持ちが落ち着きやすくなります。

あいさつで惹きつける

 場の雰囲気にもよりますが、スピーチをするときにまず「おはようございます」などのあいさつで始めるというのはいい方法です。

 なぜなら、挨拶されると聞き手がこちらを見ます。あいさつを返してくれることもあります。

そうなると、聞き手に話を聞く準備ができます。また話し手であるこちらにとっては、話す前に ひと息ついて落ち着くことができます。

 間をとる

緊張すると 話すスピードが速くなりがちです。ゆっくり落ち着いて話し、文章と文章の間「。」では、ひと呼吸置いて間を取りましょう。

間は長くなりすぎると不自然になるので注意してくださいね。

 聞き手を見る

間を取った時には、聞き手の側をぐるりと見渡すのがオススメです。

よく緊張しない方法として、「聞き手を野菜だと思え」というのがありますが私はこれはあまりオススメしません。

それよりも、聞いている人を見渡して目が合う人、しっかり聞いてくれている人を見つけた方が、緊張はよほどほぐれると思います。

その人にだけ話しているような気分でいれば、無駄に緊張しすぎることはないでしょう。

 完璧でなくてもいい

 私たちがスピーチで緊張するのは、自分の実力以上に自分をよく見せようとしていたり、完璧にやりこなそうとしているせいであることが多いものです。

 今あなたが求められているのは、スティーブジョブスの伝説のスピーチのように、誰かの 人生を変えてしまうような感動的なスピーチではありません。

 そんなに気負わず、完璧を目指さず、いつもの自分のまま、話せば大丈夫です。

 多少かんでも、とちっても、自分が気にするほど誰も気にしていませんよ。気楽に話してみましょう!

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届け後、言葉の力やブランディングでお悩みを解決するヒントや林原りかの日々の暮らしについてお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

ご感想・コメント募集中!


林原商店レギュラーメニュー
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる