リレミトコールのホットサンドモーニングをいただきながら「射水de読書会」に参加。clubhouseとのハイブリッド!

Pocket

ご近所のお店「リレミトコール」がモーニングサービスをスタート。その時間を利用して開催された読書会に参加しました。最近話題の音声SNSアプリ「clubhouse」も体験できました。

【笑顔が武器(のひとつ)という米山社長。さすがの笑顔】

目次

好きな本を紹介しあう「射水de読書会」

「射水de読書会」は、株式会社リボン(富山県射水市)の米山勝規社長が主宰する読書会です。

米山さんが2014年に東京から富山にUターンした際、友達もいない…ということで、東京でやったことがあった読書会を企画したのが始まりだとか。

友達や仲間ができてからも、無理のないペースで続けており、今回はリレミトコールがモーニングサービスを始めたのを機に、やってみよう!と思い立ったそうですよ。

うちもリレミトコールのご近所ということで、参加させていただきました。

朝食はリレミトコールのホットサンド

会場はこちら、リレミトコール。

モーニングは、月曜から木曜日の7時から11時。

ホットサンドとドリンクのセットで500円です。

私はポテトサラダをチョイス。

出てきたときは「ちょっと少ない?」と思ったのですが(笑)、食べて見ると、意外にお腹にたまりました。

外はさっくり、中はふんわりで美味しくいただきました!

読書会は「clubhouse」で配信

今回はclubhouse」を通じた参加もOK。東京や富山市からも2人の参加の方があり、リアル参加は米山さんと私を含め3人でした。

はじめは設定をあれこれ。

私はAndroidなので、clubhouse」の設定は見てるだけ(笑)。

紹介された本は、米山さんはこんな感じ。

この中で特に、人生を変えるサウナ術 なぜ、一流の経営者はサウナに行くのか? について詳しくお話くださいました。

著者の本田直之さんは、実業家でノマドライフや日本とハワイのデュアルライフを提唱されていました。
実は、私が「子供がいてもトライアスロン」と思えたきっかけは、本田直之さんがトライアスロンをされていると知ったことでした。
こんなに忙しそうな人でもトライアスロンの練習できるなら、私程度の忙しさならできるはず!と思わせてくれたお方。
この本のことは知ってはいましたが、「サウナは暑くてのぼせる」イメージで、読んでいなかったんですよね。
米山さんご推薦ということで、改めて興味が湧いていました。
私からはこの3冊を。

1冊は、『聡明な女は料理がうまい 』(桐島洋子)。

あわせて読みたい関連記事

2冊目は、前日に始まった渋沢栄一が主役のNHK大河ドラマにちなみ、富山県が発行した小学校高学年向けの富山の偉人伝『ふるさと人物ものがたり』。

3冊目は、将来の夢…ということで「いつかこういう家を作ってみたい」とこちら。

食う寝る遊ぶ 小屋暮らし (中村好文著)

そうしたら、clubhouse」ごしの参加者さんが、「私もその本好きです!」とのこと。

好きな本が同じって、ぐっと距離が近くなる気がしますね。

余談ですが、集まったメンバー全員の時計がGARMINだったのもびっくり!

これも距離が近く感じられますね(笑)!

というわけで、近所で美味しいモーニングをいただきつつ、本について語り合う楽しい時間を過ごしました♪

参加者募集中

3/25 非ライターのためのコピーライティング講座!

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、言葉の力やブランディングで、悩みを解決して人生を好転させるヒントをお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

質問募集中!

林原商店レギュラーメニュー
目次
閉じる