文章には必ず「相手」と「目的」がある! 読者の興味や読後感、行動を意識して、伝わる文章を作ろう

Pocket

伝わる文章を書くポイントはいくつもあります。まず第一に考えるべきは、「相手」と「目的」ではないでしょうか。

目次

伝わる文章を作れるメリット

文章には、「伝える相手」と「目的」が必ずあります。しかし、そこに気をつけている人は、案外少ないように感じています。
「伝える相手」と「目的」を意識すると、文章でコミュニケーションするとき、ぐんと伝わりやすくなります。
自分の言いたいことが正しく表現でき、伝わる文章を作れる技術は、さまざまな場面であなたの力になります。思いや考え、知識などを意図のままに伝えられれば、仕事や勉強はうまく進みやすく、人間関係も良くなります。
その結果、人生はより生きやすく、楽しく、豊かなものとなるでしょう。

文章の相手の目的

文章の「相手」とは、読み手のことです。その人の興味や役に立つこと、知識や語彙に配慮して、伝える情報の内容や言葉を選び、伝え方を工夫しましょう。
また、文章の目的と種類には、以下のような例が挙げられます。

  • 情報の伝達や記録(問い合わせ、確認、報告書、社史)
  • 関心を高め、共感を求める(SNS、ブログ)
  • 知見や意見を紹介(レポート、エッセイ)
  • 行動の後押し(コピー、イベント案内、寄付や投票など呼びかけ)
  • 感動を起こす(小説や詩、短歌や俳句などの文学)

目的が違えば、文章の組み立てや言葉の選び方も違います。
だから、「自由に書いてください」と言われるのは、相手と目的を意識している人にとってはけっこう困るお題です笑。

伝わらない文章はもったいない

「相手」と「目的」に無自覚なまま、思いつきで書き出されただけの文章は、相手に何も伝えず、何かをセールスしてくれることもなく、あなたが理解されることにもつながりません。もったいない限りです。

社会や人と関わる限り必要な「文章力」

文章によるコミュニケーションは、どの進路を選んでも、文系・理系どちらでも、他人や社会と関わる限り必要です。
文章を大切に捉え、文章力を高めることは、充実した人生に繋がるのではないでしょうか。

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届け後、言葉の力やブランディングでお悩みを解決するヒントや林原りかの日々の暮らしについてお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

ご感想・コメント募集中!


林原商店レギュラーメニュー
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる