やりたいことや好きな人物像を確認しておく、書いておく。合うモノ・人を引き寄せ、選択時間も短縮できます

Pocket

自分がしたいこと、やってみたい仕事、好きな人物像を認識していますか。一度じっくり考えて書き留めたり、公開しておくと、そういったモノが引き寄せられます。また、選ぶときも、即決できます。

IMG_20200223_184931

【あれこれ迷うケーキビュッフェ】

目次

好きなこと、やりたいことを発信するメリッ ト

自分の好みを発信することは、そういった情報や人、モノなどを引き寄せてくれます。

例えば、ミッション・理念を発信すれば、価値観の近い人が集まります。仕事への姿勢や時間の使い方発信すれば、テンポ感の近い人興味を持ってくれることでしょう。

商品の詳細やそれにかける思いを伝えれば、価値を感じてくれる人の目に留まるでしょうし、やりたいこと・夢を発信すれば「こういうのに興味あるって言ってなかったっけ」とやりたい仕事を紹介されることもあります。

趣味や家族に関する情報発信は、関連した仕事や共通の趣味の仲間を引き寄せてくれます。

このように好みを発信することには、様々なメリットがあります。

しかし「自分が何が好きか、何をやりたいのかわからない」という人も多いようです。

そんな時は、じっくりと一度、内省する時間を取って、自分のやりたいことや将来の目指す方向性を考えましょう。

ブログや SNS、サービスメニューに反映

自分の好みややりたいことや好みを認識したら、それをベースに情報発信をしていきましょう。

ブログや SNS の投稿にテイストを忍ばせたり、商売をしている人ならサービスメニューにやりたい仕事を書きましょう。

反対に、やりたくないけれどやっているという仕事は、サービスメニューから外してしまいましょう。

そうすることで、気の進まない仕事を依頼されることが減り、あなたのやりたいと考えている仕事を依頼されたり、やりたいことができるよ!という情報が寄せられたりします。

好みの人物像も認識

同じことは「人」についてもいえます。

「一緒に仕事などをしてみたい」などという人についても、「こういう人がいい!」と言語化して、認識しておくのがオススメです。

なぜなら、認識しておけば、そういう人に会ったとき、「この人好み!」とすぐに気づくことができるからです。
異業種交流会などでは、こうした方を中心にお話すると、次につながりやすいことでしょう。

反対に「この人はちょっと合わないかも……」という場合についても、アンテナがよく働くようになります。

合わないタイプも発信

「人」に関する発信はどうしましょう。

私は、好みの人物像については、サービスメニューに書いていませんが、合わないと思われる方については、サービスメニューの最後に以下のように書いています。

以下のような方は、お役に立てない可能性が高いため、ご相談をお考えの際はご注意ください。

・商品やサービスの質は悪いが品質改善は考えておらず、コピーでよく見せ売りたい

・忙しくて打ち合わせやヒアリングに協力できない

・とりあえず、適当に売れるコピーを書いてほしい

・土日や夜中もすぐ対応してほしい

・女性や母親が働くことに反対している

・ブラック企業

・打ち合わせ中でも、タバコは絶対にやめられない

林原商店はファミリーフレンドリーな企業や自宅しごと・ひとり社長、ワーキングマザーを応援しています。ご理解・応援いただけると嬉しく存じます。

このように書くことは失礼で偉そうかもしれませんが、価値観やビジネスのスタイルが合わない同士で商談するのは、お互いに負担が大きく、無駄な時間になりがちです。
うっかり一緒に仕事してから判明すると、傷が大きくなります。それならばあらかじめお知らせしておく方が、親切ではないでしょうか。

好きな人物像も書いてみた

せっかくの機会なので、好みのタイプも書いておきましょうか。
男女、仕事・プライベード問わず、こういう方とお付き合いするのが好きです。※全部満たさないとダメ、というわけではありません。

  • 心身ともにタフ
  • お金に強い
  • お金を稼ぐことに対して前向き
  • 自己責任マインドがある
  • 自営業やひとり社長、起業に理解がある
  • 自己肯定感が高い
  • 好奇心と学習欲がある
  • 素直
  • 誠実
  • 多様性を受け入れている
  • 常識や前例を疑う
  • 趣味や特技がある
  • 本を読む習慣がある
  • 弱い立場の人(店員さん、自動車に乗っているときの歩行者や自転車など)に丁寧な対応
  • 家事が一通りできる
  • 一人で旅や食事を楽しめる
  • ユーモア精神がある

自分の事は棚に上げて好きなように言っております。

上のリストをご覧になって「自分っぽい」と思う方がいらっしゃれば、ぜひ何か一緒にできる機会があればと思います。ご連絡お待ちしております(笑)!

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、ブランディングや情報発信を軸とした働き方、人生を充実させるヒントなどをお伝えしています。返信もOK!
メルマガ読者登録へ



林原商店メニュー
目次
閉じる