【テンプレートつき】選ばれるフリーランス・起業家・社長のプロフィールの書き方

Pocket

フリーランスや起業した方は「プロフィールをいただけますか」と頼まれることが増えます。また、自分のブログやホームページなどにも、プロフィールを書くことになります。このプロフィールを「イチから書くと大変」という声にお答えし、テンプレートをご紹介します。

無題

目次

プロフィールが大切な理由

フリーランス や起業家として、お客様に選んでいただきたいなら「プロフィール」は必須の情報です。

今の時代は商品・サービスが溢れ、多くの同業他社がいるなか、「何を買うか」も大切ですが、「誰から買うか」も価値のひとつとして重要視する人が増えているからです。

就職活動なら履歴書を書きます。フリーランス や起業家にとっての履歴書代わりが、プロフィールです。

選ぶための判断材料を過不足なく記載するようにしましょう。

基本的なポイント

プロフィールの書き方にテストのような正解があるわけではありませんが、以下に押さえたいポイントをご紹介します。

  • 時系列で書く
  • 「挫折」や「転機」や「フェイズの変化」を示す。
  • 「学歴」「職歴」「実績」を示す。
  • 短めにまとめる。WEBサイトなら「さらに詳しく」で別ページへリンクを張り、そのページにたくさんの情報を載せればOK※私の場合こちら

では、実際のところ、どんなふうに書けばよいのでしょうか。

参考となるテンプレートを以下にご紹介します。

穴を埋めればOKのプロフィールテンプレート

以下の項目をまずは穴埋めしてみてください。【 】の中は情報の要素です。

穴埋めして一度文章を作ってみて、それから必要な情報が盛り込まれているか確認し、調整しましょう。

***********

【名前】〇〇〇〇 〇〇〇〇 (ローマ字表記併記もオススメ。漢字で何通りの読み方がある人は特にあるとよい)

【肩書(企業名・役職)】〇〇〇〇

 

【生年(月日)、出身地】〇〇〇〇年生まれ、〇〇出身、〇〇在住

【最終学歴】〇〇〇〇大学〇〇〇〇部卒業後、

【会社員時代の実績】〇〇〇〇に入社。〇〇〇〇〇〇〇〇として勤務。〇〇〇〇年から〇〇〇〇となり、〇〇〇〇に携わる。〇〇〇〇の実績をあげた。

 

【挫折・転機・フェイズの変化】〇〇〇〇年、〇〇〇〇がきっかけとなり、〇〇〇〇として〇〇〇〇を開始。

【今の活動につながる実績】〇〇〇〇年から〇〇〇〇をはじめ、現在までに〇〇〇〇の実績がある。現在は〇〇〇〇の活動中。

【お客さまの声】〇〇や〇〇に定評がある。

【趣味・人柄】趣味は〇〇〇〇、〇〇〇〇、〇〇〇〇。

【家族構成】〇〇〇〇と暮らす。

【資格】〇〇〇〇、〇〇〇〇、〇〇〇〇

【WEBサイトやSNSへのリンク】

〇〇公式サイト 〇〇〇〇

〇〇ブログ 〇〇〇〇

〇〇Instagram 〇〇〇〇

***********

補足説明

  • すべての要素が必要なわけではありません。どこに掲載するかや、顧客対象が重視するものによっては不要な情報もあるので、取捨選択していただければ。
  • 趣味や家族構成は親しみを感じさせる効果があります。
  • 資格や所属団体は最初に書くと、その下が読まれづらくなるので、終わりに添えるのがオススメ。
  • 挫折経験は共感を呼ぶ効果はありますが、あまり激しすぎると嘘くさく胡散くさくなる(笑)ので、バランスに気をつけましょう。

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、ブランディングや情報発信を軸とした働き方、人生を充実させるヒントなどをお伝えしています。返信もOK!
メルマガ読者登録へ



林原商店メニュー
目次
閉じる