AIでもアンケートでもなく、「人」が質問して聴く意味とは。聞き手の力量が問われる「インタビュー」

Pocket

記事を作るときに、誰かからお話を伺う「インタビュー」。質問に回答をいただくだけなら、アンケート用紙に記入していただくのでもいいはずです。インタビューする意味は、どこにあるのでしょうか。

坂東真理子さんと

【坂東眞理子さんへのインタビュー 2012年11月19日】

目次

なぜ「インタビュー」を行うのか

「インタビュー」は、『広辞苑』では以下のように説明されています。

  1. 会見。面会。面接。
  2. 取材のために人に会って話しを聞くこと。また、それをまとめた記事や放送。

英語の「interview」からきています。英語でも意味は同じです。

インタビューする人を「interviewer(インタビュアー)」、される人を「interviewee(インタビュイー)」といいます。

でも、不思議だと思いませんか?

質問にただ答えてもらうだけなら、アンケートでも十分なのではないでしょうか。

実際のところ、手間暇かけずに安価に、あるいは大量に記事を作成しようとする場合などは、取材対象に予め決めた質問項目に答えてもらい、その回答をリライトして記事をつくることもあります。

では、なぜ、「インタビュー」という取材技法を使う必要があるのでしょうか。

インタビューのデメリット

必要性を考える前に、「インタビュー」のデメリットも確認しておきましょう。

インタビューのデメリットは、「手間と費用がかかる」ことです。

手間というのは、以下のようなものがあります。

  • 取材相手を見つける
  • 取材相手にアポをとる
  • 取材相手について下調べをする
  • 取材相手に会いに行く
  • 取材相手の話しを聴く
  • 音声を文字起こしする
  • お話の内容を切ったり張ったり編集する
  • 取材相手に原稿チェックをお願いする

などなど。

取材相手から「意図した内容と違う」などと指摘を受ければ、原稿を手直しすることもあります。

また、費用には以下のようなものがあります。

  • 取材相手への謝礼(不要の場合もあります)
  • 取材場所の会場料
  • 飲食物の購入費
  • 移動の交通費
  • ライターやカメラマンへの報酬

もしも、メールでアンケートや掲載写真提供をお願いしたり、ネットや既刊書籍などから情報を集めたりして記事をつくれば、上記のような手間と費用はかなり抑えられます。

それでも「インタビュー」には、やるだけの価値があるから実施されるわけです。

では、その価値とは?

「インタビュー」の語源が示す意義

ここで「インタビュー」の特徴をさらに押さえておきます。

1番の特徴は、英単語の意味から見て取れます。インタビューは英語の「interview」ですね。

この単語は「~の間」を意味する接頭語「inter」と「見る」「視野」を意味する「view」に分けることができます。

語源は、中世フランス語で「互いに見る」を意味する「entre voir」です。

「interview」には、インタビュアーとインタビュイーが互いに向き合あって、互いの視点や視野をもつ、という意味があることが分かります。

つまり、「インタビュー」は、インタビュイーとインタビュアー双方がそれぞれの役割を持ち、視点を分かち合うことで、新たな話(=情報)を引き出す手法です。

インタビューのメリット

インタビュイーとインタビュアー双方がそれぞれの視点を持って、インタビュアーがインタビューの話を聴くことで生まれるメリットには、以下のようなものがあります。

インタビュイー側

  • 書くのが苦手でも、聴き手がいると伝えやすい
  • 質問に答えればいいので、話す内容が考えやすい
  • 質問によって、思考が広がったり、まとまったりする

インタビュアー側

  • 作る記事の対象や内容に合わせて、必要な話をその場で引き出せる
  • これまでにない新しい話が聴ける
  • 興味深い話が出たら、その場で質問して、情報を広げたり、深掘りしたりできる
  • 口調や態度、表情など、言語外の情報も受け取ることができる

聞き手としては、お時間をいただき、時間と費用をかけてインタビューをしておきながら、どこかで見た話しか聴けない書けないと、自分の力量不足を猛省する必要があるわけです。

記事の良し悪しを左右するインタビュアー

上に挙げたようなインタビューのメリットを最大化してよい記事をつくるには、何が必要でしょうか。

ここまで見てくると、インタビュイーのもつ話(情報)の面白さはもちろん、聞き手であるインタビュアーの知識や好奇心、関心の方向、その場での質問力などのスキルが、大きな要素であることがおわかりいただけるでしょう。

そんなわけで、インタビュー記事には「聞き手:●●」のように、聞き手の署名が入ることもあります。

よい「聞き手」になるために

誰かのお話を伺い、その方の談として情報発信することは、取材相手の方の信用やイメージ、ブランディングにも関わる一大事です。

発表した記事が、その人や読者の運命を左右するがあることへの責任も、聞き手、書き手、発信者として感じています。

よい質問をして相手から本音を引き出し、いい記事を書くためには、聞き手となる自分自身の知識やスキル、人間性を高めることが不可欠です。

インタビューをする人は、そんなことも肝に銘じつつ、日々を過ごしていきましょう。

商店日報

昨日の午前は、インタビュー音声の文字起こしや校正者に依頼した原稿整理の確認、著者に依頼した初校チェックの確認など。

午後は、新しい書籍編集の打ち合わせ。6年ごしで作られた原稿をまとめる書籍の仕様や制作費、スケジュールなどについて詰めてきました。

完成した販促ツールの納品も。

GOOD&NEW

「セブンイレブンのサラダチキンフライ」

サラダなんだかフライなんだかというネーミングの鶏胸肉フライです。

あっさりしていて、もも肉より好みでした。

参加者募集中!

12/4 自分の言葉で、商品・サービスの価値や魅力を伝えたい人に伝えよう! 非ライターのためのコピーライティング講座>>詳細と申込みはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、ブランディングや情報発信を軸とした働き方、人生を充実させるヒントなどをお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

質問募集中!

林原商店メニュー
目次
閉じる