しくじり防止や健康のために。お酒を無理なく控えるヒント

Pocket

仕事や暮らしを効率化したい! そう思う方は多いと思います。でも、「無駄」を消し去りきるのは、なかなか難しいものですね。

私にとっても、日々の「無駄」と分かっていてもやめられない。そんなものがあります。

それは、お酒。主にビールです……。

しかし、ここしばらくは、お酒を飲むのをやめています。そのきっかけと飲みたくなったときの対処方法、やめてみての変化をご紹介します。

IMG_20171106_194502

【ノンアルコールカクテル「ヴァージン・ブリーズ」】

目次

私とお酒の20年のお付き合い

私がお酒を飲み始めたのは大学生のころでした。20代は、一緒に飲めば「仲良く楽しくなる」「お酒の勢いで、言えないことを伝える♡」など、様々な効果を発揮してくれました。

ときどきは、言わなくていいことを言って、人間関係を悪くしたこともありましたっけ。酔っぱらって、道で寝てたこともありましたっけ。

30代は、人生いろいろで悩む時期もありましたが、そんなときお酒は「酒と泪と男と女」よろしく辛いことを忘れさせてくれたり、「心配すんな。なんとかなるよ」と励ましてくれました。

ところが、40代に入ってから、そんなお酒と私の仲がちょっと変わってきました。いえ、変わったのはお酒ではなく、私の方です。

お酒そのものは美味しくて、酔っているときは楽しいのです。でも、飲んでしばらくすると眠くなる。なのに、夜中には目が覚める。朝、なんとなくだるい。飲んだあと、そんな風に感じることが増えてきました。きっと加齢のため、私の体のアルコール処理能力が落ちているからなのでしょう。

そこでふと考えました。

よくよく考えれば、20代と違ってお酒がなくても楽しい時間は過ごせるし、お酒の力を借りなくても言いたいことは言えるし、30代に悩みがお酒で解決しないことは分かったし、今となってはお酒に励まされて無理しなくても助けてくれる人はいるし、酒で失敗するのも嫌だし……

と考えていくと

飲まなくても、いいんじゃない?!

とふと気づいてしまったのでした。

子供たちから「やめたらいいって思ってた!」

そんなことをご飯を食べながら、ぽろりと話したところ、

「そうだよ、学校でも、お酒は毒だって言ってた。飲まなきゃいいのにって思ってたんだよ~」

と子供たち。

「じいちゃんだって、身体に悪いからってタバコをやめたんだからママも」

と、私の父のエピソードも出てきました。

というのは、大人になってからずっとヘビー・スモーカーだった父は昨年、軽い肺気腫という診断を受けました。孫たちから「じいちゃん、長生きして」と泣かれたのを機に、タバコをきっぱりと辞めました。

今は体調もすこぶる良好で、

「身体に悪い中毒性のある習慣も止められる。止めると健康になる」

という事例を我が家に示したのでした。

「だからママも!」と来たわけです。

林原流お酒の控え方

「お酒をやめると、寿命が伸びるよ~」

「よく眠れるらしいよ~」

などとささやく子供たち。まずはお酒を控えて、その効果効能を確かめてみることにしました。
1日の仕事が終わったときに

「ああ、今日もよく頑張った。プシュッ」

と当たり前のように開けていたビールです。仕事が終わってからのほか、つかれたとき、くつろぐとき、いろんなシーンで楽しんでいたビールを控えるために以下のような方法をとりました。

お酒がもたらす効果を分解して代替え

お酒にも良いことがいろいろあるから続けているわけです。その良さを分解して、その変わりになることを考えてみました。

    • 喉の乾きを潤す→水、お茶
    • シュワッとた喉越しを楽しむ→炭酸水
    • 食事には苦い飲み物が合う→ウーロン茶、プアール茶
    • ポカポカしてくる→ゆず湯、くず湯
    • リラックスする→ウーロン茶、プアール茶をホットで
    • 雰囲気のよいバーで贅沢な時間を→ノンアルコールカクテルで
    • 血糖値があがる→和菓子やミニおにぎり
    • お腹が膨れる→ご飯を食べよう
    • 疲れを忘れる→20分くらい眠る
    • 悩みを忘れる→相談したり、コーチングを受けたりして、悩みを解決しよう
    • 仲良くなれる→シラフで腹を割って語ろう
    • ゆっくりくつろげる→飲まなくてもごろごろしよう

こんなことを気をつけてみると、案外お酒を飲まなくてもしのげるものですね。1週間目は、少し口がものたりなかったり、テレビのCMを見たり、疲れたりイライラしたりしたときに飲みたくなることもありましたが、だんだん気にならなくなっていきました。

お酒を控えた効果

よく、禁酒・断酒を勧めるブログなどでは「10キロ痩せました」とか「肌がきれいになった」とか「アタマが冴えて、仕事の効率が大幅にアップしました」とか「前向きになれた」などと、いいことが書かれています。さあ、どうなるかしらとドキドキ。

実際やってみて感じた変化は以下のとおりです。

節約

1日1本200円だとしても、ひとつき6,000円、1年で72,000円の節約です。ただし、その分、和菓子やハーブティなどを買っていたので、差し引きするとここまでではないかもしれません。

減量

残念なことに、特に変わりません。きっと、お酒が減った分、甘いものが美味しいからですね。今後は甘いものを控えるようにもしたいですね。

快眠

眠りは深くなった気がします。睡眠時間は6時間程度ですが、今までよりも目覚めがよいです。朝からすっきり動けています。

思考

クリアになったとまでの実感はありません。しかし、ちょっとした疲労感や相談事をごまかさずに休んだり、話し合ったりする分、気持ちよく過ごせます。

体力

ちょうど仕事とプライベートにいろいろ時間がとられ、トレーニングを怠ってしまったため、今ひとつ断酒の効果が確かめられていません。これからですね。

***********

というわけで、まだまだすごく劇的な変化が現れたわけではありません。が、きっと長期的にみると、将来の健康につながっている気がします。

これで一生飲めないとなると、寂しいものがありますが、医師に禁止されていなどではないので、その気になればいつでも飲めます。そう思うと飲まないのも、あまり気になりませんね。

子供たちが喜んでいるので、もうしばらく続けてみようと思います。

昨日のGOOD&NEW

新しい夕飯の献立づくりをお試し

新しいお茶道具

タントに初乗車

 

参加者募集中!

12/4 自分の言葉で、商品・サービスの価値や魅力を伝えたい人に伝えよう! 非ライターのためのコピーライティング講座>>詳細と申込みはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、ブランディングや情報発信を軸とした働き方、人生を充実させるヒントなどをお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

質問募集中!

林原商店メニュー

コメント

コメントする

目次
閉じる