「聴いた後、前向きに行動できるようになる」講演・セミナー構成の考え方

Pocket

17434903_1469013399838988_4069244826802443158_o

今は、ひと月かふた月に1回位のペースで、講演やセミナーなど、人前でお話する機会をいただいております。

講演やセミナーは、短いもので45分くらい。長いものだと、3時間×2回シリーズというものもありました。

「よく、そんなに長い間、話すことがありますね」

と驚かれることもあります。

そこで、お話の構成を考える、私なりの方法をご紹介します。

☆関連記事

目次

講演やセミナーとコーチングの共通点

初めて講師のご依頼をいただいたのが2013年のことです。

それから今まで、26回、講演やセミナーでお話させていただいております。

内容はお題(テーマ)や「ワークを入れてほしい」などの要望をいただくこともあれば、まったくのおまかせということもあります。

内容はいろいろありますが、基本的な構成はだいたい同じように考えています。そこで参考にしているのが、私がコーチングを学んだ「銀座コーチングスクール」のテキストです。

コーチングをご存知ない方のために解説すると、コーチングとは……

パフォーマンス向上のために、対話によって対象者を勇気づけ、気付きを促し、自発的行動を促すコミュニケーション・スキル

と同スクールでは定義付けています。

要は、お話を聞いたり、質問したり、感じたことをお伝えすることで、

「相手の方に元気になってもらい、プラスの方向に向かう行動につなげてもらう」

…ということです。

この「相手の方に元気になってもらい、プラスの方向に向かう行動につなげてもらう」という考え方は、私が講演やセミナーで講師としてお話するとき、目的としていることと同じです。

ということで、講演やセミナーの構成の立てや伝え方にも、コーチングの理論が応用できると感じています。

コーチングのストラクチャー(構造)を講演・セミナーの構成に応用

コーチングの「セッション」と呼ばれる面談では、30分、45分、60分など一定の時間を区切り、「コーチ」と「クライアント」が対話を交わします。

その時間のなかには、ある基本的な構成があります。その構成は以下のとおりです。

  • 「ラポール」モード……クライアントに安心感を持ってもらう。コーチを信頼してもらう
  • 「発見」モード……課題や考えを整理したり、自分のもっているものを棚卸ししたりして、目標や現状と目標の差、目標達成への方法など新しい気付きを得る
  • 「行動」モード……行動を促す

林原流の講演・セミナーの構成

というわけで、私は講演やセミナーの構成を考えるとき、基本的に以下のような流れを意識しています。

  • 「ラポール」モード→緊張感を緩ませる「アイスブレイク」、自己紹介など→安心感、信頼感の醸成
  • 「発見」モード→現状の把握、課題の発見と共有、課題解決方法の提案(ワークなど)→問題や考えの整理、気づきを促す
  • 「行動」モード→まとめ、振り返り、質問、励まし、行動しようと呼びかける→自信、元気、意欲を持ってお帰りいただく

また、お話するときもコーチングセッションの留意点を意識し、コーチング同様に聞き手を置いてきぼりにしないよう、聞き手の感情を捉えるよう努めています。

まとめ

講演やセミナーの講師を務めるときには、まず、その時間の目的を認識しています。そのうえで、時間内の基本的な流れを意識して、お話することやワークの内容を決めています。

同じ目的をもつものやことは、別のジャンルのものでも応用が効くというのは、いろんな場面で感じることです。これは、行動や思考の効率化にも役に立ちます。

これから講師として講演やセミナーを作ろうという方はその考え方について、また、そうでない方にとっては「ひとつの分野で学んだことを別の分野で活かす」という点が、ご参考になれば幸いです。

昨日のGOOD&NEW

ロードバイクのブレーキシュー交換

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、ブランディングや情報発信を軸とした働き方、人生を充実させるヒントなどをお伝えしています。返信もOK!
メルマガ読者登録へ



林原商店メニュー

コメント

コメントする

目次
閉じる