ご飯を増やしても減らしても体重は変わらぬ謎。40代のダイエット宣言10か月を経てたどり着いた解はかなり平凡

Pocket

今年2月に「40代半ばですがダイエットをします」と宣言して10か月。ご飯ダイエットをゆるめて1か月。別に体重はどっちでも変わらないという、この謎!

無題

食事はご飯を減らし気味に

ご飯ダイエットは栄養不足になるのでは?という疑問のもと、1食のご飯の量は200gから150gに減らしました。

単純計算なら、このぶんで1か月に1kgの脂肪が減るはずですが、そのぶんおかずが増えたのか、そうはいきませんでしたね。

この1か月を見ると、ご飯は減らしても増やしても、全体の摂取エネルギー量があまり変わらないのか、次項で紹介する通り運動不足だったこともあり、体重の変化には関係していないように思われます。

またもぎっくり腰で運動不足

今期は、11月25日に東京1泊2日。そのころは少しスケジュールが立て込み、疲労が溜まってしたのか、12月1日にぎっくり腰をやってしまいました。

1週間ほどは運動ができない日が続き、次に走ったのは12月8日。運動不足ぎみでした。

トレーニングが減ったのに、体重が変わらないのは、もしかして喜ぶべきでしょうか。

エネルギーあたりで栄養の少ない食品を減らす

この期間、痩せも引き締まりもしなかった私ですが、ただ、体調は改善し風邪もひいていません。栄養は十分な状態となったのかもしれません。これはよい変化です。

となると、

「食べても栄養がロクに取れない食品を減らす」

が、摂取エネルギーを減らすために、とるべき手立てと言えそうです。

では、「食べても栄養がロクに取れない食品」つまり「エネルギーあたりで栄養素の少ない食べ物」とはなんでしょうか。

例えば、以下のようなものがあります。

  • 白いご飯
  • 白いうどん・パスタ・ラーメン
  • 白いパン
  • 白砂糖
  • 揚げ油
  • スナック菓子
  • 市販の甘いお菓子

こういったものを減らして、食事の「栄養価は下げずにエネルギー量を下げる」ができれば、健康なまま痩せることができるのではないでしょうか。

ダイエット宣言から10か月で導かれた解は、よく考えたら、あたりまえ…という。

幸せの青い鳥はすぐ近くにいたように、真理というものは、案外、すぐそこにあるものなのかもしれません。

あとは、運動不足の解消ということで、引き続き、練習会や自宅での自重トレーニング等、体を積極的に動かすようにして、また1か月、様子を見てみます。

年末年始の暴飲暴食が鬼門といえましょう。

ご質問お待ちしてます
メルマガ登録はこちらから
↑ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「自宅しごと」と情報発信を軸とした働き方で、人生を充実させるヒントをお伝えしています。返信もOK!
メルマガ読者登録へ


林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする