「実績がなくても、 フリーライターになれますか」という質問にご回答

Pocket

「実績がなくても、 ライターとして仕事を始めることできますか」というご質問をいただきました。結論からいうと「始めることはできます。ただ、たくさん稼いだり、高い単価で書くには他のスキルも必要です」。

IMG_20180505_150324 (1)

優秀なライターの需要はある

編集者をしている私の実感では、質の高い文章を書けるフリーライターは、いつでも募集中です。

編集プロダクションや出版社、広告代理店なども、実力のあるフリーライターが欲しいと思っていることでしょう。

私の古巣である編集プロダクション「青青編集」のHPにも、「外部スタッフ募集!」とあります。

実績がなくても「なる」ことはできる

実績がなくても、ライターに「なる」ことはできます。

「ライター募集」と検索すれば、さまざまなサイトなどで在宅ライターの募集を見つけることができるでしょう。

私自身が、在宅のコピーライターとしての仕事を始めたのも、川崎に住んでいてマスコミではない一般企業につとめていたとき、第二子の育休中に、とある出版社のHPで見つけた「ライター募集」の記事でした(久しぶりにサイトをチェックしたら、今も「外部スタッフ募集」とライターを募集していました)。

富山に帰ってきた13年前も、多少のライター経験はあるものの、富山の知り合いは幼馴染くらいという、無職の妊婦でした。

これといった実績も「人脈」もない、0・3・5歳の未就学児をもつ母である私が編集者になったきっかけは、ハローワークで編集プロダクションの求人を見つけて応募したことでした。普通です。

関連記事

編集経験がないので、一番最初の仕事は、先輩編集者の指示を受けたライターでした。

こうした経験があるので、「実績のないとライターになれない」とは考えていません。

たくさん稼ぐためには別のスキルも

ただ、食べていけるほど稼げるかと質問されれば、

「ライターに限らずどんな仕事でも専門家でも、マーケティングやセールススキルの有無やブランディングの仕方などによって、食える人と食えない人がいます」

とお答えしています。

私が知っているフリーライターさんの中にも、ライター業一本で売れっ子の方もいれば、家事育児の合間に数万円稼げたらいいなという人もいれば、もっと稼ぎたいのに仕事がないと嘆いている人もいます。

不思議な感じがしますが、お客さまの経済状況や経営にアドバイスするファイナンシャル・プランナーや中小企業診断士にも、稼げない方はいます。

マーケティングやセールスのスキルは、また別問題だからです。

私自身も、次女の育休中に初めて書いた原稿は、1本500円とか1,000円という小さなものでした。

「なる」が叶ったあと、そこからどう稼ぐかは、本人次第です。

始めれば始まる

ライターに限らず、「なりたい」と考えているなら、始めてしまいましょう。

ITが発達した今は、アマとプロの境目も曖昧です。なんだって始めなければ始まりません。

ライターや著者になりたいなら、まずは書かないと始まりません。起業したいなら、副業で始めたらいいんです。

書くことなら、ブログに記事をアップしていくのもいいでしょう。PTAの広報委員に立候補すればよろこばれます。ライター募集に問い合わせして、詳しい条件を確認するのもいいでしょう。

小さいことからでいいのです。何かしらの行動をおこして、何かを始めてみましょう。

関連記事
メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「自分のよいところを発信して人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ
 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする