私が感じるコーチングの効果と自分に合ったコーチを選ぶポイント

Pocket

令和最初の面談は、コーチングの師匠とのコーチングセッションでした。新しい時代の始まりに、これからどこに向かおうか、考えるサポートをしていただきました。コーチングとはなにか、どんな効果を感じているか、ご紹介いたします

【イタリアにて 2018年3月4日撮影】

コーチングとは

コーチングの「コーチ (Coach)」の語源は「四輪馬車」のこと。馬車は「乗った人を望むところまでに送り届ける」ということで、コーチングは「目標の達成を支援する」という意味で使われています。

「コーチ」は、初めスポーツ分野から始まりましたが、今ではビジネス分野などにも広がっています。

具体的には、コーチがクライアントの話を聴き、質問することで、やりたいことや理想の状態をはっきりさせ、そこにむかって進めるよう勇気づけるコミュニケーション方法です。

私が感じているコーチングの効果

考えがまとまる

私がコーチングを好きな理由にはいくつかあります。まずは、自分の考えや思いを語ることで、思考が整理される点です。

安心する

友人知人らとの会話では、話は交差し、時には話の腰が折られたり、話のうまい人に話題をもっていかれたりします。

しかし、コーチングのコーチは、クライアントの話を聴き、認めます。けっこう淡々と聴いてくれます。こういう聴き方をしてもらえると、話す方はとても安心できます。

発想が広がる

コーチからの質問に答えることで、自分だけではできない方向に発想が広がります。

前向きになる

コーチングは未来思考です。過去は「そのときのベストを尽くしたさ」と考え、あまり重視しません。

過去に課題の原因をもとめず、現状とこれから進みたい未来に、焦点をあわせます。

このような姿勢で物事に向き合うと、考え方が前向きになります。

秘密が守られる

友人知人らとの会話では、「ここだけの話…」と始めた話が、残念ながら同じ枕詞で広まっていくことも。しかし、プロコーチとのコーチングは、守秘義務が守られます。

関連記事

自分に合ったコーチを選ぶコツ

専門性・経歴をチェック

コーチングが有効になるのは、コーチとクライアントに信頼関係があることが前提です。

コーチにも、「恋愛コーチング」「子育てコーチング」「ビジネスコーチング」「主婦向けコーチング」など、いろんな得意分野があります。また、経営者出身、主婦起業など、経歴もさまざまです。

分野や経歴を確認し、信頼できそうなコーチをさがしましょう。

お試しセッションがあれば試してみる

コーチングのコーチには、いろんな専門分野の人がいます。また、人間ですから、相性もあります。

もしも試せるものなら、試してから依頼してみましょう。

セミナーをしているコーチなら、セミナーで直に接してみる手もあります。

ブログを読む

コーチングのコーチには、ブログなどで自分の考え方や姿勢を発信している人が多くいます。

そこでは、そのコーチ自身がどんな挑戦をしてきたか、今なにに向かって前進しているかも、分かることでしょう。

こうした考え方や姿勢に共感できるコーチに依頼しましょう。

関連記事

体験するなら

私かコーチングを学んだ銀座コーチングスクールでは、コーチング無料体験講座を実施しています。全国で行われているので、興味ある方はぜひ。

また、私自身も体験セッションをメニューにご用意しています。よかったら、申込みフォームからどうぞ。

関連記事
ブロクへのご意見・コメントなどの返信OK! メルマガ登録はこちらから。まずはここでしか掲載していない林原の「自分史的自己紹介」をお送りします。メルマガ読者登録へ
 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする