旅の思い出や記録は紀行文で残そう。紀行文の意義とあなたならではの紀行文の書き方

Pocket

旅に出たら、思い出を文章にまとめたくなりませんか。でも、どうやって書いたらいいのか分からない……そんな方のために、旅の思い出をまとめた「紀行文」を書く意義や書き方をまとめました。

IMG_20181110_073726 (2)

【厳島神社の大鳥居】

古くから書かれている旅の記録「紀行文」

旅をして見聞したことや、それを見た自分の感想を記録する「紀行文」は古くから書かれ、読まれています。

古くは玄奘の『大唐西域記』、

マルコポーロの『東方見聞録』、

松尾芭蕉の『奥の細道』がなどが有名ですね。

基本的な執筆スタイルは、時系列で見聞した事柄を記すことです。そのほかには、歴史を軸にした司馬遼太郎の『街道をゆく』、

食文化に焦点を当てた辺見庸の『もの食う人びと』のように、あるテーマを絞って旅先の事情を書いたものも、読み応えがあります。

短編小説ではありますが、太宰治の『佐渡』も、紀行文として楽しめる話です。

紀行文を書く目的

旅の記録

私たちが紀行文を書く目的は、なんといっても旅の記録でしょう。

楽しかった旅の記憶も余韻も、過ぎる時間に追いやられ、日常の雑事に上書きされて、どんどんと薄れていきます。

その前に、鮮明な記憶を記録として残しておけば、見返すたびに旅の思い出を蘇らせることができます。

写真だけアルバムに貼るのもいいものです。ただし「これ、なんの写真だっけ?」となりがちなもの。それなら文章でも残しておくと、さらにいいですよね。

追体験を楽しむ

紀行文を読む方の楽しみは、著者の旅を追体験できることです。

もっというと、著者の見たもの、聴いたことはもとより、知識や感性、思考法までも、一緒に体験しているような面白さがあります。

紀行文を書く手順

では、紀行文はどんなふうに書けばよいのでしょうか。

決まりごとはありませんが、「書いてみたいが、書き方が分からない」という方のために、一例をご紹介します。

1,日程を書き出す

まずは日程表などを頼りに、行程や時間など旅のスケジュールを書き出しましょう。

正確な事実は、どんどん忘れていくものです。

2,訪れた場所を書き出す

訪問したスポットや食事した場所、食べたものなどを書き出します。

お店の名前や食べた料理に入っていた素材など、意外にはっきり思い出せないことに気づくことでしょう。

そんなときは、ネットで調べたり、同行者に確認して今のうちに思い出しておきたいものです。

3,それぞれの場所の印象を書き出す

観光スポットや食べたものなどの印象、そこで感じたことや思い出したことをメモします。

特に心に残ったことはどんなことでしたか。

何を感じ、何を考えていましたか。

この部分が、あなたならではの紀行文を生み出します。

4,執筆する

先の「書き出す」で「いつ」「どこで」「なにを」「どんなふうに」までがメモできました。

このメモを材料に、文章を書き始めまましょう。

ポイントは、読書感想文同様に「自分」を記す文章だということです。

そのときやったこと、見たもの、感じた思いなどを通じて、「自分」を掘り下げて記述するのです。

関連記事

文章の構成は、おなじみの「起承転結」が書きやすいのではないでしょうか。

以下に内容の一例を挙げます。

内容の一例

紀行文全体については以下のような例です。

  • 起…なぜ旅に出ることになったのか。なぜその場所を訪れることにしたのか。
  • 承…実際に訪れたときに目にした光景、その場所の解説
  • 転…旅を通じて1番面白かったこと、強く感じたこと
  • 結…旅を終えての感想

「承」のなかには、訪れた場所ごとに、また小さな「起承転結」が繰り返されます。

以下の事柄を書いてみましょう。

  • 起…訪れた場所、なぜそこを訪れることにしたのか、魅力を感じた理由
  • 承…実際に訪れたときに目にした光景、その場所の解説
  • 転…その場所で1番面白かったこと、強く感じたこと
  • 結…訪問を終えての感想

最初は箇条書きでおおまかに書き出し、それから文章として整えていくと、書きやすいですね。

表現を工夫する

「文章で書く」といってもただ書くだけではこんな感じになりがちです。

今日は厳島神社に行きました。(起)

大きな鳥居が海の中に立っていました。(承)

すごいなあと思いました。(転)

また行ってみたいです。(結)

いかがでしょうか。

事実は確かに「起」「承」のとおりですし、感想は「転」「結」のとおりなのでしょう。しかし、この著者ならではの、面白い文章だとは言えませんね。

自分ならではの文章、つまり独自性があって面白い文章にするには、描写がポイントです。

目にした風景、それを見たときの心情、そこで思い出したことなどを、詳しく書いていきましょう。

詳しく書くポイント

具体的に

「すごい」や「きれい」「美味しい」などと書いた部分はありませんか?

「すごい」部分はどこでしょう? どうしてすごいと感じたのでしょう?

どんな部分が「きれい」でしたか? どんなふうに見えて「きれい」なのでしょう?

「美味しい」を使わないで、美味しさを表現してみてください。

といった感じで、どんどん具体的に書いてみましょう。

比喩をつかう

文章上手は、比喩の使い方が抜群です。自分でもしっくりきて、読み手にも理解できる比喩をつかってみましょう。

具体的に書いたり、

詳しく書くと、書く人にとっては「詳しい記録」なります。

一方、読む人にとっては「眼の前に風景が広がるよう」とか「なるほどこんな見方もあったか」とか「これは役に立つ情報だ」といった面白さに繋がります。

編集や印刷製本したくなったら

書き終えた文章は、ブログにアップするのも楽しいもの。

さらに、編集者による編集を加えたり、製本してもいいですね。

関連記事
メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「情報発信で人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ

 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする