のとじまトライアスロン参加レポートその3 またもスイムで恐怖のパニック?!

Pocket

7月9日(日)、オリンピックディスタンス(スイム1.5km、バイク40km、ラン10km)の大会である「のとじまトライアスロン大会」に参加しました。数回に分けて、参加レポートをご紹介しています。

☆これまでのお話

のとじまトライアスロン参加レポートその1 大会前日の受付・開会式・セミナー・説明会・試泳

のとじまトライアスロン参加レポートその2 朝の準備はゆとりを持って

海でまたあの「恐怖体験」

7時になり、試泳がOKとなりました。7時20分まで泳ぐことができます。他の参加者の皆さんが、次々と海に入っていきました。私も続きます。

P_20170709_063643

【手前に見えるのが「大きな浮き」。これから沖へと運ばれます】

昨日の試泳でも確認していましたが、この浜は非常に遠浅です。かなり沖まで歩いても、深さは腰程度です。

トライアスロンのスイムコースは、往復の場合、三角形に泳ぐ場合など、その大会によって異なります。

この大会は、小さめの浮きのついたロープが、折り返し地点を示す大きな浮きまで続き、その周りを2周します。つまり「大きな浮きまで2往復」という感じです。1往復したところで、一度陸に上がります。

私も、他の人たちに続き、沖に向かってしばらく歩いてから泳ぎ出しました。

昨日も泳いでいるので、海の中は見慣れた風景です。底はまず砂、それから水草がもじゃもじゃ生えた岩があります。そして、その先は……

見えません! 底が見えない! 前も見えない!

そう思った瞬間、首から胸にかけて締め付けられるように苦しくなりました。

横を向いて息継ぎをしますが、胸まで空気が入りません。口をパクパクしている金魚のようです。

慌てて、立泳ぎをします。気を取り直して、もう一度顔をつけました。

やっぱり見えない! やばい! やばい! やばい! やばい!

うまくヘッドアップもできず、一旦、背浮きをして、呼吸を整えました。

怖い! 怖い! 怖い! 怖い! 怖い! 怖い! 怖い! 怖い! 怖い!

岸に向かって、一目散に泳ぎ戻りました。一生懸命かいていると、水草が見え、砂が見え、もといた足のつく浅瀬に戻りました。

どうしよう! どうしよう! どうしよう! どうしよう! どうしよう! どうしよう!

頭の中で、昨年のパニックシーンがプレイバックします。

「入水チェックです。選手の皆さんは戻ってください」
と審判員の方が、拡声器で案内を始めました。

浜辺のベンチに夫や娘たちが腰掛けて、おしゃべりしながらスタートを待っているのが見えました。

私はもう、泣きそうでした。

◆今日の教訓

一度うまく行っても、またうまくいくとは限らない

続く

ブロクへのご意見・コメントなどの返信OK! メルマガ登録はこちらから。まずはここでしか掲載していない林原の「自分史的自己紹介」をお送りします。メルマガ読者登録へ
 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする