専門家や上級者から指導してもらうメリット

Pocket

何かしらの分野の専門家や上級者から、その分野について指導を受けたり、アドバイスをもらうのは、とても価値のあることです。

【とある企業での情報発信に関する研修の様子】

専門家からの指導の価値

無料講座や多数の受講者に一斉に教えるセミナー等よりも、受講料や報酬は高くかかりますが、それだけの効果があると考えています。

理由は以下2点です。

・大勢に向けた話ではなく、自分の状況やレベルに合わせてお話をしてもらえる

・自分の知らない自分の姿を、広い視野・高い視点から教えてもらうことができる

例えば、カナヅチの方が泳げるようになりたいとします。集団で習うタイプのスクールで、ビート板を持ってバタ足に交ざったとして、周りに全然ついていけなかったら、それだけで気持ちが萎えてしまうかもしれません。(私自身が20歳までクロールは泳げず、今も遅いので、集団練習は正直なところ気が引けます)

少人数か1対1で基礎から丁寧に習ったほうが、ほかの人と一緒に闇雲に頑張るよりも、上達は速くなります。フォームの悪いところも、自分ではよくわからないものです。よい泳ぎを分かっている方に、見てもらって教えてもらう方がズムーズなフォームの改善につながります。結果的には、時間とお金の節約になるでしょう。

あの人が「できる」といってくれたから頑張れる

また、よくないところばかりでなく、自分のよいところを見つけて背中を押してもらえることもあります。

私はの初級者ですが、自分では到底無理だと考えていたことについて、先輩から「あなたならできる」と言っていただき、坂道練習や大会にトライできた……という経験があります。こうした体験は、達成感と自信をもたらしてくれます。
P_20170528_111821
【先日、坂道練習で励ましてくださった先輩方と】

自分でも気付いていない「できる自分」を教えてもらえるという機会は、なかなかないことです。それだけ、価値があります。

トレーニングのことばかり例に出しましたが、仕事や勉強その他についても、同様です。

私がトライしたいと考えていたことの達人から、自分では気付いていなかった強みについてフィードバックをもらったことがあります。「あの人がそう言ってくださるなら……」とても前向きな気持ちになり、そのことに積極的に取り組むことができた経験があります。

プロ&上級者からの指導は財産

私の場合、仕事やトレーニングをふくめ、以下のような分野についてプロや上級者から、少人数またはマンツーマンで指導やアドバイスをいただいたことがあります。

・書籍、雑誌編集
・文章執筆
・コピーライティング
・ウェブデザイン
・写真撮影
・コーチング
・ブランディング
・ウェブプロモーション
・事業企画の立て方
・対面営業
・英語
・メイク
・洋服のコーディネイト
・筋トレ
・水泳
・自転車の乗り方、トラブル対応
・母乳育児
・授乳期間中のバストケア
・子連れ旅行
・保険
・家計運営
・中古車の選び方

このほか、これまで編集者やライターとして、1000人以上の方にインタビューや取材させていただいて、伺ったお話もあります。

どの分野も、専門家や上級者の方がご自分の時間とお金を使って学んでこられたこと、身につけてこられたことを私の理解度とケースに合わせてご説明くださいました。できた方は、難しいことを易しく説明なさるのもお上手です。

自分で書籍を読んで学んでも分からなかった疑問を解決できたり、私の状況に合わせたスキルや知識の生かし方などを教えていただくことができます。

こうした情報は、編集者として様々なジャンルの情報がネタになる私にとっては特に、財産のような経験です。編集者でない方にとっても、一度得た知識や経験はそう簡単にはなくなりませんから、やはり財産ですよね。まさに「何事も先達はあらまほしき事なり」だと実感しています。

もしも、あなたが何かの問題に直面していて、自分なりに調べたり悩んだりしているのに、1週間もひと月もなかなか答えが出ないなら、その分野の専門家や上級者に相談してみてはいかがでしょうか。

メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「情報発信で人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ

 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする