食材の宅配利用で、仕事と家族の時間にゆとりを

Pocket

働くママにとってけっこうな負担になるのが、日々の食品や雑貨の買い出しです。

仕事を終えて、保育園に子供を迎えに行って、スーパーに寄ってから帰る
経験上、このやりかたは、あまりオススメできません。

なぜなら、仕事帰りのママも、一日の活動を終えた子供もたいてい疲れています。そしてスーパーは夕方が混んでいます。

いろいろ選んで(疲れたから、惣菜と揚げ物でも買ってかえるか…となりがち)、レジの列に並んで、アイスが食べたいという子供をなだめて、重い荷物を持って帰るのは大変ですよね。

家に着いたらぐったり、げんなり。子供の機嫌も悪く、親子の雰囲気はどんより。ここから夕飯の支度はしんどすぎます。

かといって、せっかくの休日に混み合うスーパーに出かけて1週間分の食材や生活雑貨を買いだめるのも、なかなかの重労働。休日の使い方としては、家でゆっくり過ごしたり、いつもはいけない遠方に出かけたりといったほうが、どちらかといえば私好みです。

では、買い物はどうする?というときに便利なのが、食材や生活雑貨の宅配です。

生協の宅配は安心・安全が魅力

私が初めて利用したのは、「生協」でした。生協は「生活共同組合」の略。もともとは、産業革命期のイギリスで、混ぜ物の入った商品や表示と内容量が異なる商品が売られるなど不誠実な商売が横行しており、そんな状況に不満を持つ人たちが自分たちの生活を守ろうと協同組合を作ったのがルーツです。

生協の宅配を利用する際は、まず組合に加入することが必要です。その後、届けられる注文書かウェブを通じて注文できます。

富山の場合は、富山県生活協同組合CO·OPとやまがあります。

小さいお子さんを育てているお宅は宅配料が無料だったり、添加物無添加など、安心・安全に配慮した商品が手に入りやすいのが特徴です。

冷凍食品などの加工品も多く扱っていますが、独自の安全基準で開発されたものなどが扱われているので、「手作りが理想。でも手がまわらないから、せせめて少しでも安全なものを…」という方にオススメです。

私は東京・神奈川に住んでいた頃、エレベーターのない建物の4階に住んでいたことがありますが、重い荷物を階段で運んできてくださる生協の配達員の方には、ほんとうに助けられました。

私が利用して感じた唯一のデメリットは、注文書を提出するのが、配達の前の週ということです。ほしいものがすぐには受け取れなかったり、何を注文していたか忘れてリアル店舗でも買ってしまった。ということがありました。これはきちんとメモすれば、防げるかもしれませんが、なにせずぼらで……。

イオンはギリギリ注文OKで豊富な品揃え

というわけで、私がよく利用するのが、ネットスーパーです。

インターネットで注文して、自宅に商品を届けてもらうシステムです。代金の支払いは、クレジットカードの引き落としか代引きが選べる場合が多いようです。私は、忙しすぎるとなにかと話題の宅配スタッフさんの手間を増やしたくないので、クレジットカードで支払うようにしています。

ネットスーパーは主に2店舗を利用しています。

ひとつはイオンのネットスーパー「おうちでイオン」です。こちらの魅力はなんといっても締め切り時刻の遅さ。我が家の場合、当日15時までの注文で、当日20時までに届けてもらえます。

夕飯の支度に間に合うよう、16時までに…という場合でも、11時までに注文すればOKです。ここまで早いと、感覚的には自分で行くのとあんまり変わらないレベル。3000円以上で送料無料です。

商品はプライベートブランドのほか、コピー用紙など日用品、ストッキングなどの肌着も充実しています。薬局の薬も宅配で買えるので体調の悪いときにもいいですね。品揃えのちょっとした不満といえば、魚と地場産品が少ないことくらいでしょうか。

配達範囲は富山県全域。地元食材コーナーも

もうひとつは、富山県のスーパー・サンキューが運営する「39NET」です。こちらは当日配達の注文は8時まで。ですが、富山県全域が対象と配達範囲が広く、私の済む農村部にも届けてくれるのが、ありがたいところ。3000円以上の注文で送料無料で、さらに代引き手数料も無料です。

品揃えの特徴としては、魚が多めなこと、それと地場産品や地元企業との共同開発商品が多く取り扱われていることです。この点は、地産地消や地域経済循環を心がける私としては魅力に感じる部分。また、業務用食品もあり、レタス1箱(12個入り)なんて商品もあります。

P_20170525_162725

多彩な宅配サービスを活用し暮らしにゆとりを

そのほかにも、宅配食材は自然食材やオーガニック商品、農家や漁師からの直送、コンビニエンスストアやAmazon・楽天のサービスなどいろいろあります。

自分で選ばないのは不安という声も聴きますが、もともとお店のスタッフの目利きはありますし、商品の状態が万一悪ければ返品・交換もしてくれるところがほとんどでしょう。重たい商品をよっこいしょ!と運ばないで済むだけでも、かなり楽チンです。

また、自分で選ぶのが楽しいなら、それは休日の楽しみにしておくのもいいでしょう。私も、お休みの日にゆっくりと朝どれの魚などを自分で選んで購入するのも、市場などへ赴いて食材を選ぶのも大好きです。

買い物に費やす時間を仕事や家族との触れ合いにあてることができれば、毎日の暮らしにゆとりが生まれます。自分の目的やお住いの地域に合わせて、ネットスーパーや宅配を活用してはいかがでしょうか。

メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「情報発信で人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ

 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする