夫婦の対話で英気を養う

Pocket

少し前の話なのですが、ゴールデンウィーク最終日は、夫と二人で朝から夕方までのドライブに出かけました。

行き先は、岐阜県の平湯温泉です。日帰り温泉に入ってから、近くのお店でお蕎麦と山菜の天ぷらをいただき、留守番してくれた子供たちには、お土産に飛騨牛(切り落とし)を買って帰りました。

P_20170507_131839

◆お皿が朴葉で山里の風情たっぷりのお蕎麦

デンマークで「パートナーとの対話」の大切さを実感してからは、今まで以上に夫と話す時間を持つように心がけています。

この日も、車のなかではお互いの仕事のこと、これからの家族のことなど、いろんなことを深く話しました。

ときには、私が夫をコーチングするような場面もあり、夫から「コーチングまで受けられて、すごくすっきりした」と喜んでもらえました。

私もコーチングを学んだきっかけのひとつが「悩む夫と愚痴をいいあうのではなく、いい話相手になりたい」というものだったので、コーチングを身につけた甲斐があったというものです。

ゴールデンウィークが終わると、つぎに家族ゆっくりできるのはお盆でしょうか。それまで慌ただしい日が続きますね。

でも、仕事や家事育児への英気を養うことができた、素敵なゴールデンウィークとなりました。

メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「情報発信で人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ

 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする