デンマーク人編集長に学ぶ「仕事のスピードを上げる方法」 キーワードは何度も聞いたあの言葉でした

Pocket

先日、デンマーク視察ツアーの同窓会的食事会で、懐かしい視察仲間と再会しました。参加者それぞれがデンマークでの経験を生かして、いろんな活動をスタートしていて、その近況報告で盛り上がりました。

そして、今回のスペシャルゲストは、デンマークの有名インテリア雑誌、「BO BEDRE(ボーベダー)」日本版編集長のレオン・エスベン・オオタさんです。

16143295_1401044276635901_4184119778532032590_n

レオンさんはデンマーク人と日本人のハーフとして、香港に生まれました。幼少期から20歳まではデンマークで過ごし、デンマークの特徴的な教育機関「フォルケホイスコーレ」も卒業しました。その後、世界各地をめぐり10年前から日本に住んでいらっしゃいます。

日本では、編集長としてのお仕事のほか、俳優として活動されたり、デンマークから要人が来日する際のコーディネートをなさったりと、様々な活動をなさっています。こうしたご経歴から、デンマークと日本の両方の事情について、よくご存知です。

今回、レオンさんに質問してみたいことがありました。実は、デンマークから帰ってから、すごく気になっていたことがあったんです。

というのは、デンマークの視察では、「残業なしでも生産性が高い」というデンマーク人の働き方、もっといえば仕事の進め方について、具体的にどうやって効率的に仕事するのかを知りたいと思っていたのです。

デンマークの世界的企業の副社長にインタビューしたときに、こんなことを伺いました。

・グループで仕事し、情報共有がされているから、子供の急な発熱でも休むことができる

・役職の上下なく、何がベストかを話し合うため、無駄を排除して必要なことにフォーカスする

具体的にはどんな考え方で、仕事に向き合っているんだろうなあと疑問を持っていたのです。

また、日本に帰ってから、「そういえば!」と思い出した本のタイトルがありました。

それは、『スピードオブトラスト』(スティーブン・M・R・コヴィー著、2008年、キングベアー出版)という書籍です。実は、読んではいないのですが、タイトルの通り、「信頼」がスピードを上げ、コストを下げる……という内容だと聞いていました。

「信頼」はデンマークで何度も聞いたキーワードです。政府への信頼、教師への信頼、子供への信頼、仲間への信頼……「デンマークは信頼の国」と何人もの人が誇らしげに語りました。

そこで、レオンさんに質問してみました。

「もしかして、デンマークの効率的な仕事力には、『信頼』が関係しているのではないですか」

すると、レオンさん、

「そのとおりです!」と、よくぞきいてくれた!と言わんばかりの笑顔で答えてくれました。

どういうことか詳しく伺ったところ……

誰かに任せた仕事は、相手を「信頼」して任せきる。そうすることで、確認や確認待ちのために仕事が止まることがない。だから「早い」

というのです。

「それって、心配じゃないですか?」

とさらに質問してみました。

すると「心配ない」と明確なお返事。その理由は、

「だって、皆が一生懸命考えているんです。いいアイディアに決まっています」

とおっしゃるのです。もちろん、質問やサポート要請があれば答えますが、基本的には「任せる」に徹するそう。

上司や仲間からこんな風に対応されたら、確かに、「自分がちゃんと勉強して、頑張ろう!」となり、当事者意識も責任感もやる気もスキルも上がりそうですね。

日本では多くの仕事に上司のチェックが入り、上の上の上の上までやっと進んだ企画が、最後にトップのチェックでやり直しとなる……ということもよく聞く話です。当然、労働時間は長くなります。

それに、「信用されてない前提」では、「これで大丈夫だろうか」「上司にダメだといわれないだろうか」と仕事する側も必要以上に不安になり、仕事が遅くなることも予想できます。

それから、時間どおりに仕事が終わりそうなとき、日本だと

「もう少しギリギリまで頑張って、お客様によりよいサービスを!」

となり、結果、スケジュールどおりに進めたにもかかわらず、結局残業……というのもよくある話。

デンマークだと

「できるだけ良いものを、できるだけ早く作ろう(そして、早く帰ろう)」

という方向に努力が働くらしいです。

価値観の違い、面白いです。こういう考え方が、「幸福度世界一」となるベースにあるのだと思います。

もちろん、日本よりもデンマークが優れていると全面的に礼賛するわけではありません。

ただ、日本の価値観や今の職場で、苦しいなあ、やりづらいなあと感じている人にとっては、とくに時間の制限の中で働くことの多い、子育て中のママや介護などの家族ケアを担っている方には、デンマーク式の考え方を知ることで、気持ちが楽になる人も多いのではないでしょうか。

見聞を広めたり、異なる価値観を知ったりすることで、気持ちが楽になることって、たくさんあると思うんです。そんな風に考えて、誰かの救いになればいいなと願いながら、デンマークで知ったことをシェア会やブログでお伝えしています。

明日は、富山市でシェア会です。若干名はまだ受け付けられますので、あなたがもし、デンマークのことが気になっているなら、今からでも大丈夫ですので、申し込みしてくださいね。

*****************
育児と仕事を両立して、
元気に、イキイキと、前向きに、幸せに生きていく
3つのポイントをシェアする
★幸福度世界一! デンマーク視察シェア会★

【日時】2017年1月28日(土)9:30〜13:30ごろ (9:15受付開始)
【会場】富山県民共生センター サンフォルテ 306号室
(富山県富山市湊入船町6−7)
【参加費】 3,500円
(ドリンク・スイーツ、情報交換ランチ会、消費税を含む/当日現地払い)
【申込方法】
===========================
ご参加の方は、以下の参加フォームからお申込みください
https://goo.gl/forms/mjfYKFJue8ssbrjw2
===========================

イベントページはこちら

メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「自分のよいところを発信して人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ
 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする