ひとりで独立・起業するなら、価格設定は慎重に。薄利多売はさけて「高くても、予約でいっぱい」「値引きなしで、順番待ちの列」状態を目指そう!

Pocket

独立・起業する人にとって悩ましい問題が「値付け」です。「高めだけとお客さまが満足してリピートしてくださる」という状態が理想的だと思います。

目次

「自信がないから値下げ」のデメリット

起業や独立したての方の中には「経験がない」「技術に自信がない」といった理由で、価格を低めに設定しようとする方が少なくありません。

または自分で価格を決めず、相手の言い値で請け負うことにしている方も。そのほうが、考えなくていいし、交渉しなくていいし、気が楽なんですよね。

しかし、これにはデメリットがあります。

  • 薄利多売になっていくため、望む収入を得るためには長時間労働が必要
  • 「安いんだから仕事の質が低くてOK」となる(発注者も受ける側も)
  • 質の低い仕事は、変更ややり直し、クレームなどのトラブルが多く、対応に時間をとられる
  • 「安くて便利」な存在としてしか見られない

……などなど。

私も独立したてのとき、価格の決め方が分からず、価格交渉も避けたい思いから、相手の提示する価格で仕事を受けていたことがあります。あるいは、「予算がないんです」「もうからない業界なので、値引きしてください」という要望もありました。

さらに「他のライターはこのくらいが相場」ということで価格を提案されることもありました。※他人の価格との比較は、その人が家計を担わないお小遣い稼ぎだったり、別の収入源を持っていたりすることもあるので、参考程度にとどめましょう。

言い値や値引き依頼のままに価格を決めていると、「経験者が安く受けてくれる」という評判からか、私のもとには仕事の依頼が増えすぎてしまいました。

すると、休日や寝る時間がなくなってしまいました。その割に収入は低いという、ひとりブラック企業状態です。

仕事があることはありがたいものの、家族と過ごす時間や趣味を楽しむ時間は作れず睡眠不足。これでは「快適で、幸せ」とはいえない状態ですよね。

ひとりで起業した方に「値引き&薄利多売」をオススメしないのは、こうした経験からです。

高単価・高品質で高満足度。リピートと行列を目指そう

では、どのような状態が快適で幸せなのでしょうか。その答えの一つは以下のような状態かと考えます。

  • 自分の仕事でお客さまに満足いただいている。
  • 十分な報酬を「ありがとう」の言葉とともにいただける。
  • 「前回もよかった。また頼むよ」とリピートしてくださる。
  • 手一杯なら「じゃあ、待たせてもらうよ」と待っていただける。
  • こちらの事情も尊重していただける。

これなら、自分の健康や私生活を維持しながら、十分な収入を得ることが可能です。

「そんな都合のいいこと無理!」と言いたくなるかもしれませんが、そんな事例は珍しくありません。

例えば、私がたまにお邪魔するお寿司やさん。

価格は安いわけではありません。ランチはコース2つだけ。食事のスタート時刻は、店が指定する2つ時間から選びます。

同じ時間から同じメニューを出すので、お店側としては効率よくサービスすることができますよね。

反対に、お客にとっては、メニューや食事時間が決められ、多少不自由です。

それでも、このお店は県内外からのお客がいつもいっぱいで、予約を希望する日にとれないこともあります。

価格が安くはなく不自由。にも関わらず、とても人気がある理由は、お客さまの満足度が高くてリピートするファンや、その評判を口コミで知った新規のお客も多いからでしょうね。

また「あの店は上質で満足度が高い人気店」というブランディング。

この状態ができれば、値引きは必要なくなり、順番を待っていただけ、広告費や情報発信の手間も最小限となります。

「十分に満足いただける価値を提供し、その価値にふさわしい額の報酬をいただく」という考え方は、一流ホテルのようなイメージです。独立・フリーランスで仕事をするときは、こうした状態をひとつの目標にしてはいかがでしょうか。

せっかく独立したのに、ひとりでブラック企業にならないよう、気をつけましょうね!


お仕事のご依頼はこちらから

ご依頼フォーム へ

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届け後、言葉の力やブランディングでお悩みを解決するヒントや林原りかの日々の暮らしについてお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

ご感想・ご質問を募集中!

よかったらシェアしてね!