クリスマスはローストチキンとブッシュドノエル。今年は毒キノコのチョコレート付き!

Pocket

毎年クリスマスには、ローストチキンとブッシュドノエルを作っています。

目次

年に1度の料理とメニュー

クリスマスは毎年、ローストチキンとブッシュドノエルを作っています。

年に1度しか作らない貴重な料理?ということで、家族も楽しみ♪というので、私のほうも毎年ウキウキしながらつくります。

クリスマスや年末年始の買い出しはまずコストコへ。

コストコの国産丸鶏は大きめサイズで、オーブンにちょうどよく収まり重宝です。

七面鳥もありましたがオーブンに入らないですし、ちょっと小ぶりなブラジル産だとものたりない感じ。※ブラジル産丸鶏はお鍋にちょうど入るサイズなので、煮て食べるのが好きです。

ローストチキンの作り方

我が家では、バターライスの詰め物をしたローストチキンが人気です。

まずは、玉ねぎのみじん切りをバターで炒め、固めに炊いたご飯を加え、粉末にしたコンソメスープで味をつけます。

丸鶏はお腹を洗って水気を拭いてから、塩やローズマリーなどのハーブを刷り込んで30分。

それからバターライスを詰めてカタチを整えます。紐を結ぶ方法もありますが、私は面倒なので金串を使っています。

足は縛ると火の通りが悪くなるので、結ばずに焼きました。

オーブンの天板に乗せて、付け合わせの野菜を乗せて、ちぎったバターを乗せてオーブンへ。

途中で溜まった油を回しかけて、焼き色を均一にします。

始め上段に乗せたら、上が焦げてしまいました。下段がいいと思います

そして完成!

ブッシュドノエルと毒キノコチョコ付き!

私のブッシュドノエルは、ココア風味のビスキュイ(卵を別立て<卵黄と卵白を別々に泡立てる>で作るスポンジ生地)で作ります。クリームは白いまま。果物も入れません。

三女がデコレーションを担当

チョコレートクリームはなめらかに作るレシピが見つけられず、果物は次女が苦手だからです。

今年は飾りに私が所属するトライアスロンチームの名前「毒キノコ連合」にちなみ、毒キノコチョコを作ってみました。

ベースは「きのこの山」。

食紅をといたホワイトチョコにひたして……

乾かします。

赤いチョコを作るのは、普通の食紅だと色があまりでません。チョコレート用の食紅かチョコペンの赤を溶かして使うべきでした。反省。このキノコに黄色い斑も付けました。

で、こんな感じに仕上げ。

庭の柊の葉っぱとベリーも飾りました。

「同じもの」「変わらないもの」にも価値と魅力がある

私たちは何かと新しいことにトライすること、効率化すること、改善することが「善」となりがちです。

でも、仕事はともかく、プライベートの場面には、効率だけでは測れない価値がいろいろあります。

時間をかけて料理などをつくったときに「こんなことに時間をかけるなら、アルバイトでもしてお金を稼いで、そのお金で買えばいいのに」と言われたことがあります。

それもひとつの価値観ですが、素人の家族がモタモタと作った毎年同じ料理にも、ここにしかない魅力があるのだと思います。

美味しい、美味しいといってくれる家族の顔を見ながら、そんなことを考えていました。

また来年も作ろうと思います。


お仕事のご依頼はこちらから

ご依頼フォーム へ

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届け後、言葉の力やブランディングでお悩みを解決するヒントや林原りかの日々の暮らしについてお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

ご感想・ご質問を募集中!

よかったらシェアしてね!