「朝の読書会@射水」に参加。コロナ禍での働き方、女性の働き方のヒントになる3冊をご紹介

Pocket

近所のお店で開催されている「朝の読書会@射水」に参加してきました。これ、取材も兼ねています。

目次

本を仲介にして交流を深める「読書会」

「読書会」とは、集まった人たちがお気に入りの本を伝え合う活動です。
今回参加させていただいた「朝の読書会@射水」を主宰するコミュニティ「ReadWalkers in富山」では、以下のように紹介しています。
出勤前の朝の時間を利用して、
・お気に入りの本を紹介する!
・知り合いのお気に入りの本を知る!
それによって自分の読書の幅と人の輪をこつこつ広げていく♪そんなコミュニティ☆

林原商店推薦図書3冊

林原商店からは、コロナ禍や女性の働き方を考えることに役立つ3冊をご紹介。

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ』(橘玲/幻冬舎 2014)

1冊は、以前このブログでも紹介したこちら。

あわせて読みたい関連記事


お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ』(橘玲/幻冬舎 2014)

「日本にいると、制度や優遇措置などを知らないと損することがある(それを活用することを「黄金の羽根を拾う」と表現)から、ちゃんと調べましょう」&「調べると一人会社(マイクロカンパニー)を作るのが一番!と分かる」という趣旨の本です。

会社員を辞めざるえなかったとき、「私、むしろ正解??」と、私を励ましてくれた1冊です。

とにかく妻を社長にしなさい』(坂下仁/サンマーク出版 /2015)

2冊目は、『とにかく妻を社長にしなさい』(坂下仁/サンマーク出版 /2015)

こちらは、妻が起業し会社を設立させることで、家計を最適化しようという本です。

ちなみに、妻の会社の商売の規模がすごく大きい必要はありません。「プチ起業」と呼ばれる規模感で十分です。

私は、既婚女性が扶養から外れることを恐れて年末に仕事量をセーブする傾向を「その人の能力を社会に活かしきる」という観点から、非常にもったいないことだと思っています。

また、こういう働き方が、女性の賃金が上がらない一因だと思っています。

これらの問題の解決法のひとつが、「妻が起業して社長になる」だと考えています。

「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』( 立花岳志/サンマーク出版 /2018

3冊目は、ビジネスを始めたい人のはじめの一歩として、この記事でも紹介した書籍です。

あわせて読みたい関連記事

「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』( 立花岳志/サンマーク出版 /2018

というわけで、好きなことを仕事にするなら、ブログで情報発信しましょう。という1冊です。

どなたでも参加OK

この読書会は、隔週月曜日の朝7時から開催(予定)。

告知はReadWalkers in富山」のFBページから。

どなたでもご参加いただけますが、参加前に「参加」ボタンはポチッと押していただきたいとのことです。

これまでに読書会で紹介された本は、こちらで見ることができます。
なお、今回、参加したときの様子は、射水ケーブルネットワークさまHP内コラム「林原りかの暮らしの愉しみ 射水日記」 で、2021年3月19日に配信予定です!

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届け後、言葉の力やブランディングでお悩みを解決するヒントや林原りかの日々の暮らしについてお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

ご感想・コメント募集中!


林原商店レギュラーメニュー
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる