戦略的倹約家のススメ。まずは格安スマホから!

Pocket

あなたは倹約していますか? 私は使うところには使いますが、使いたくないところには倹約家です。倹約を心がける際、一番簡単なのはスマホの契約を3大キャリアから格安スマホに乗り換えることではないでしょうか。

DSC03402

【高2次女が描いた我が家の猫たちのイラストをプリントしたスマホケース】

目次

稼ぐ前にふさいでおきたいバケツの穴

勤め人なら「もう少し給料が高ければ」「もう少し、自由になるお金が増えれば」、フリーランスや独立した人なら「もう少し、売上・利益を上げたい」と思う方が多いのではないでしょうか。

稼げるようになることは、たしかに大切です。

ただし、同じくらい無駄な支出をなくすことも大切です。

穴の空いたバケツに水は貯められませんからね。

ケチケチした気分にならず出費を減らせるような戦略的倹約を目指しましょう!

まずは固定費の見直しから

起業当初は1万円、5万円だって稼ぐのは大変という方も多いと思います。

しかし、支出に対する倹約は、自分次第で売上げアップと同様の利益を生むことができます。

また、貯金の利息や株の配当、ブログの広告費やアフェリエイトなどで稼ごうと思うと、たくさんの資金が必要だったり、ブログ執筆の手間がかかったりします。

そこで見直したいのが、固定費です。固定費に該当するものには、家賃や保険料、水道光熱費、会社なら社員の人件費などがそう。

固定費を減らすだけなら、最初少しの手間はありますが、そのあとは全くの手間いらず。少しでも下げられれば、毎月の差額は累積でどんどん大きくなってききます。

差額が3000円あれば、1年間で36000円の違いです。ちょっとした旅行や奮発したご飯など、楽しめる金額ですよね。

固定費で特に簡単に見直せるのが、スマホです!

私は楽天モバイル

ちなみに私が契約しているスマホは、格安スマホのひとつ、楽天モバイルです。

楽天モバイルは、スマホ単体で考えるのではなく、楽天カードや楽天市場など、楽天のサービス全体でメリットを確認することがポイントです。

備品は楽天市場で、本は楽天ブックスで買い物すれば、ポイントがたまります。このポイントで通信費の支払いができるため、通信費の実質0円が可能となります。

例えば、5000円の通信費が実質0円になれば、1年間で60,000円、10年間で60万円の違いです。これはかなり大きいですよね。

格安スマホと楽天モバイルのよさについては、すでに上手に紹介されている動画があるので、今回はそちらへのリンクを貼っておきます。

簡単で効果は確実にあるので、オススメですよ!

参加者募集中!

12/4 自分の言葉で、商品・サービスの価値や魅力を伝えたい人に伝えよう! 非ライターのためのコピーライティング講座>>詳細と申込みはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、ブランディングや情報発信を軸とした働き方、人生を充実させるヒントなどをお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

質問募集中!

林原商店メニュー
目次
閉じる