錦市場近くでクラフトビール三昧。京都の町家で醸造する「SPRING VALLEY BREWERY」【京都グルメ】

Pocket

先日訪れた京都で、クラフトビールを楽しんできました。ビールも京都らしさを活かしたフードも美味しくて、とてもいい時間となりました。

IMG_20191006_111413

目次

京都のクラフトビール「SPRING VALLEY BREWERY」

京都の「SPRING VALLEY BREWERY」は錦市場からほど近い築約100年の町屋を改装して、2017年オープン。

実は、キリンビールのグループ会社で、2015年に代官山と横浜に醸造所併設店舗がオープンした後に、日本ならではのビールを目指して作られたそうです。

この店舗にも、入り口を入ってすぐの土間に醸造タンクが鎮座。IMG_20191006_111538期待が高まります。

6種類のクラフトビールを飲み比べ

こちらでは、6種類が定番ビールとして提供。飲み比べセットもあります。

IMG_20191006_111936

このほか、期間限定・京都限定のビールもありました。来る度に、新しい味を試せるのは、楽しいですね。

私もさっそく、利きビールセット「ビアフライト」を注文。敷物にそれぞれの説明とブリュワーの署名が入っています。

IMG_20191006_122647

こんなふうにストーリーを紹介されると、飲む側もありがたみが湧いてきます。

なお、「ビール通をうならせ、ビールが苦手な人もおいしく飲める」がテーマというこちらのビール。お味は、まさにクラフトビール好きが美味しいと思い、クラフトビールによくある「クセ」を最小限に抑えた味という印象です。

きっと、クラフトビールを飲み慣れない方も、一緒に飲めるギリギリの線ではないかと感じます。さすがはキリングループ。

ちなみに、クラフトビールや利きビールの場合、味を純粋に味わうため、泡を乗せないのが一般的です。

ただし、こちらはビールによっては泡を乗せて提供しているので、「ビールは泡がないと!」という方は、泡有りビールを選んで注文するのがオススメです。

IMG_20191006_112004

週末のお昼はランチセットがお得

フードはイタリアンをベースにしたオリジナルメニュー。週末のお昼なら、ランチセットがお値打ちです。周りで食べてらっしゃる方々のお皿が大きくて、驚きました。ボリュームあります。

IMG_20191006_112120

しかし、私は連れが「お肉!」というので、お肉500gの「肉盛り3種(3,800円)」。

IMG_20191006_122018

溶岩石のグリルでリブアイ、丹波地鶏の手羽先と丹波高原ポークのスペアリブをこんがりと焼いた一品です。

また、炭水化物も…というので、「揚げしらす・九条ネギ・焦がしバター醤油のピッツァ(1,300円)」も。

IMG_20191006_121138

この2品から分かるように、料理は京都色の強いものも多く、地元のものが食べたい観光客にも嬉しい構成でした。

ちなみに、全てのメニューには合うビールが紹介されているのも楽しい。IMG_20191006_112043

以前、代官山のお店にいったことがあるのですが、ここまでいい印象ではありませんでした。きっと、町家の建物と京都らしさを出したフードに地域性が感じられるところが、私好みだからだと思いました。

また、京都のお店はスタッフの方々の接遇も感じがよくて、またぜひ立ち寄ってみたいと思いました。ごちそうさまです!

「SPRING VALLEY BREWERY(スプリングバレーブルワリー)」のブランドサイトも素敵。興味があるかたはチェックしてみて。

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、ブランディングや情報発信を軸とした働き方、人生を充実させるヒントなどをお伝えしています。返信もOK!
メルマガ読者登録へ



林原商店メニュー
目次
閉じる