親指シフトにorz配列を入れてみて英数記号の位置に戸惑う【挑戦5日目】

Pocket

親指シフトを始めて4日目で感じた「右手の違和感」。これを解消するために、これまでたびたび目にした「orz配列」を試してみました。

keybord

画像引用:http://www.superhitoshi.com/blog/20150730/

 

目次

orz配列とは右手を右にずらした入力方法

 

「orz」は、がっくり感を表すアスキーアートではなく、「Oyayubi-Right-Zurasu」の頭文字とのこと。

その名の通り、右手を右にずらした配列です。

keybord

 

これだと親指がとてもらくだと、勝間和代さんもメルマガにかいていらっしゃいます。

参照 すごいぞ、親指シフト+orz配列

さっそく試してみます。

orz配列を入れてみた

そこで、orz配列を入れてみることにしてみました。

参照したサイトはこちらです。

参照 【親指シフト】Windows やまぶきR に orzレイアウトを導入する

右手を右にずらすと、確かにらくです。以前のように肘を浮かせて右人差し指のキーを押す必要はありません。なるほど、これは良い方法です。

……とおもったら、またしても予想外の不便なことが出てきました。

英数も右に。記号はどこ?

というのは、英数や記号も右に1列ずれることです。

ほら。

keybord

5と6の間が空いています。これがアルファベットのキーも同様なのです。

つまり、jのキーを押すとhが入力される、iのキーを押すとuが入力される……分かりにくい! 手の感覚で覚えていたパスワードは、特に打ちにくく感じられます。

記号の場所も分かりづらく、これもずれたり、位置が変わったりするのかと、配列表を見ながら

「!はどこにいったのかしら……」

としばらく考えこみましたが、なんのことはない、通常の打ち方と同じく「Shift+1」でしたとさ。

orz配列は英数記号にとまどいましたが、このほうが便利だからと開発者が判断されたものと拝察します。しばらくこれでやってみます。

商店日報

昨日は私が生まれ育った町の秋季例祭でした。恒例の曳山を見ていると、子供のころを思い出しました。

こんな時代に、状況になっているとは、想像もしてなかったとしみじみ。

GOOD&NEW

orz配列

 

 

 

参加者募集中!

12/4 自分の言葉で、商品・サービスの価値や魅力を伝えたい人に伝えよう! 非ライターのためのコピーライティング講座>>詳細と申込みはこちらから

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、ブランディングや情報発信を軸とした働き方、人生を充実させるヒントなどをお伝えしています。返信もOK!>>メルマガ読者登録へ

質問募集中!

林原商店メニュー
目次
閉じる