広報ツール作成を担当するなら知っておきたい「右開き」と「左開き」

Pocket

書籍や雑誌、パンフレットやリーフレットには、開く向きが右からか、左からかの2通りあります。

では、どちらの開き方にするか、どうやって決めるかはご存知でしょうか。

実は、この開き方には決まりがあります。

 

 

目次

「右開き」と「左開き」はどっちがどっち?

この開く向きを指す言葉は、

「右開き」と「左開き」

といいます。

冷蔵庫のドアの開く向きにも、使われる言葉です。

これ、どっちがどっちか、わかりづらいと思いませんか。

 

わかりづらい理由は、右開きが

「右を開く」

「右に開く」

のいずれにも受け取れるからです。ここはこれを機に、

「右

が正しいと覚えておきましょう!

 

「右綴じ」「左綴じ」は見たとおり覚えてOK

また、似た言葉に、「右綴じ」と「左綴じ」があります。

これは、重ねた紙が、左右どちらで綴じてあるかを表します。

例えば、本などを表紙が上、裏表紙がテーブルに接するように置き、上辺を向こう、下辺を手前に向けた(つまり、フツーに置いた)とき、右側が綴じられているのが「右綴じ」です。

 

つまり、「右綴じ」は「右開き」ということ。

、綴じ方、開き方は「右綴じ右開き」と「左綴じ左開き」の2パターンになります。

 

「右開き」「左開き」のどちらにするかの決まり

この「右開き」「左開き」、つまり本やパンフレットはどちらからめくるかには、決まりがあります。

お手持ちの本や雑誌をめくってみて、考えて見てください。

 

……いかがですか。

 

実は、とてもシンプルな法則なんです。

 

パンフレットの中や書籍の本文が……

 

縦書きなら、「右綴じ右開き」

横書きなら「左綴じ左開き」

 

となります。

 

ですから、縦書きの新聞は……右開き。

横書きの数学の教科書は……

 

そう、左開きです。

 

レイアウトの前に縦書きか横書きかを決めよう

縦書きか横書きかを後から変更すると、どちらから開くかも変えなくてはいけません。

すると、読む順序に従って、文章や写真の配置も変えることになり、修正に手間がかかってしまいます。

 

ご自身でパンフレットやリーフレット、広報誌などを作るときは、まず、

「縦書き」か「横書き」かと、

それに伴う「右開き」か「左開き」か

を決めましょう。

それから、レイアウトを考えるのがオススメです。

GOOD&NEW

とある赤ワイン

WordPressに新しくプラグインを追加

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、ブランディングや情報発信を軸とした働き方、人生を充実させるヒントなどをお伝えしています。返信もOK!
メルマガ読者登録へ

林原商店メニュー 
目次
閉じる