ブログの「更新頻度問題」。考えた末、オススメはコレ。

Pocket

ここのところは基本的に平日は毎日ブログを更新するよう努めていた私ですが、12月に入ってからは「ほぼ毎日」更新となっております。それは、「ブログの更新頻度問題」について改めて考えたからでした。

ブログを書いている人たちの中には、更新頻度と質への考え方がいくつかに分かれます。

例えば以下のような感じです。

目次

毎日投稿派

「質はほどほどでも、とにかく毎日書くこと」を重視します。

この方法には、例えば以下のようなメリットがあります。

  • 記事のストックが増える
  • SNSでも拡散するため、アップした時にブログのアクセスが増える
  • 「自分で決めたことは守る、きちんとした人」とみられる
  • 「毎日書いてるってすごいですね!」という尊敬が得られる

毎日、質の高い記事がアップできるならもちろん、毎日アップするのがベストに間違いありません。

一方、マイナスポイントとしては、毎日となると記事1本に当てられる時間が比較的少なくないため、「記事の質が下がりがち」だということでしょう。

私も、あるサイトに掲載していた「コラム」を1年間の毎日更新を目標にしたことがあります。そうなると、忙しい日には、記事の内容が薄い日もありました。

「『はっぴーママ』は●日発売です。よろしくお願いします」

みたいな1文で「今日もアップした」という事実だけを作ったこともありました。

私のブログを見た1本目がこんなんだと、もうほかの記事は読んでもらえないかもしれません。

「毎日」にこだわるあまり、「記事の投稿した日を前日にする」という裏技を使ったこともあります。こうなってくると、何のために「毎日」だったのか、忘れてしまいますね。

毎日頑張って書いているわりに、内容がイマイチなため、検索順位も上がらないかもしれません。1本1本の質が低いことには、そうしたリスクがあります。

ちなみに、「毎日派」の方は、上記のような事態を防ぐために、書き溜めた原稿を予約投稿する方も多いようです。「毎日書く」ではなく、「毎日届ける」を重視するなら、これはいい方法ですね。

量より質派

毎日ブログをアップするとなると、1記事にかけらえる時間は、ブログ執筆専業の方以外は、ぜいぜい1~2時間程度ではないでしょうか。これだけの時間で、質の高い記事を書くのは、なかなか難易度が高いことですよね。

それならば、5時間かけて書いた記事を週1本アップしたほうが、「お客さまのためになるよい情報」が発信でき、結果としてSEO対策になる。という考え方もあります。

また、

「人間だから、コンディションが落ち込む日だってある。そんな日に書いた記事はパワーがないから、書かないほうがいい」

と言う方もいらっしゃいました。(毎日派はこうした姿勢を「コンディションによって、仕事にムラがあると示しているようなものだ」と捉えます)それもまた一理ありますね。

思考の整理派

そもそもブログを書く目的って、何なのでしょうか。

私が今まで一番しっくりきたのは「書く(アウトプット)ことで、思考を整理する」というものです。

考えていることや持っている知識は、書くことで整理されます。このためにブログを書いているんだという主旨です。私もこの考え方には賛成です。ブログに書いた記事は、セミナーなどで使えることも多く、ブログのおかげで講師の準備が以前よりもラクになりました。

ちなみに、ここに「毎日派」が掛け合わさると

「思考の整理は毎日すべきだから、ブログは質にこだわりすぎず毎日書こう」

となり、書き溜めしない方向になることが多いようです。

私も、「毎日更新」に拘らなければ、書き溜めることにメリットはとくにないような気がします。

オススメは「思考の整理×コンディション」

さて、上のようないろいろな意見を踏まえ、現時点での私のオススメは、

  • 思考の整理として書く(たくさん書ければストックするもよし、1日2回アップするもよし)
  • コンディションによっては書かない選択もあり
  • できるだけ、良質な役立つ記事を心がける

というところです。

「コンディションによって書かない選択もあり」については、「決めたことをやらない人間だと思われそうで怖い」という思いが実はありました。

でも、この思いは、よく考えると「自分がどう思われるか」にばかり焦点が当たっていることに気がつきました。「読んでくださる方に、いい記事を毎日届けたい」ではないんですよね。自分が悪く思われたくないだけの保身だなあと反省。

またSEO対策の点からは、毎日更新すればよいというわけでもないので、この点でも「毎日」にこだわるのがしっくりこなくなりました。

さらには、以下のような状況のときに「ブログを更新しなきゃ」とヤキモキするのも、どうも違う気がします。

  • 急に対応が必要な仕事(しなくていいような段取りを心がけていますがOではない)
  • 原稿執筆の仕事が他にもあって、せっせと書いている時(思考の整理はガンガンしています)
  • 家族のケアや問題対応のために、身体と時間がとられるとき(看病や送迎、イベントなどなど)
  • インフルエンザなどの病気やケガ、生理などで体調がすごく悪いとき

「決めたことは決めたとおりやる」が理想的ですが、機械のように決めたことを正確にやれないこともあるでしょう。にんげんだもの。

とくに女性には、生理的なものからくる体調の波もあります。気圧などが体調に影響する方も多いとききます。その波に合わせた行動が自然なときもあります。臨機応変に、1週間単位くらいで辻褄があうよう、柔軟に調整できたらいいのではと、考えています。

 

というわけで、私のブログ更新問題への方針は、

「だいたい毎日、いい加減のときに、思考を整理しながら役に立つことを書く」

というところに落ち着いております。

何かご参考になるところがあれば幸いです。

昨日のGOOD&NEW

とあるテレビ番組の収録

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、ブランディングや情報発信を軸とした働き方、人生を充実させるヒントなどをお伝えしています。返信もOK!
メルマガ読者登録へ

林原商店メニュー 
目次
閉じる