「イメージコピー」と「セールスコピー」 目的に合わせてキャッチコピーを使い分けよう

Pocket

自分でチラシや広告をつくるとき、「キャッチコピー」がうまく作れず困ることはありませんか。

キャッチコピーには、その目的によって、大きく2つのタイプに分かれます。

まずは、自分がどちらのタイプを作りたいのか、自覚することから始めましょう。

IMG_20170923_144023 (1)

【このポスターは、「自分史上最速!」がキャッチコピーですね】

目次

「キャッチコピー」は読む人を引きつける宣伝文句

まず、「キャッチコピー」とは何かを確認しておきましょう。

「キャッチコピー」は、和製英語です。

英語のcatch(人の注意を引くような)とcopy(広告文)に由来し、英語の「catchphrase」(人の注意を引く奇抜な文句)にあたります。

『大辞林』では、「キャッチコピー」は、「消費者の心を強く捉える効果を狙った印象的な宣伝文句」と説明されています。

2つのタイプの「キャッチコピー」。「イメージコピー」と「セールスコピー」

キャッチコピーには、その目的によって、大きく分けて2つのタイプがあります。

例えば、こうしたキャッチコピー。一般的に「キャッチコピー」とか「コピー」というとこういったものをイメージされるのではないでしょうか。

  • 地図に残る仕事。(大成建設)
  • モノより思い出(日産セレナ)
  • あしたのもと(AJINOMOTO)
  • 「お、ねだん以上。」ニトリ(ニトリ)
  • やっちゃえNISSAN(日産自動車)
  • すぐおいしい、すごくおいしい(チキンラーメン)
  • 生きろ。(もののけ姫)

これらは、商品・サービスや企業に対して、よいイメージを持ってもらうことで、興味を引くことを狙うコピーです。「イメージコピー」と呼ばれています。

コレだけ見ても、何を売っているのか分からないことも多く、すぐに売上につながることはありません。ブランディングのためのコピーといえるでしょう。

一方、ネットの広告などでよくみられる……

  • ○○するだけで△△する方法
  • なぜ、○○するとが□□になるなのか?
  • ・○○が苦手な主婦でも、△△で100万円稼げた! その驚くべき手法とは?

こうしたコピーは「セールスコピー」と呼ばれます。「レスポンスコピー」ということもあります。

こちらは、特定のターゲットに対して、商品・サービスのウリを直接的に訴え、資料請求・購入などの反応(レスポンス)を得ることを目的としています。

ご自分でキャッチコピーを作るときはまず、「ブランドイメージを上げたいのか」「直接購買に結びつけたいのか」、目的をはっきりさせておく必要があります。

キャッチコピーづくりは「知ること」から始まる

どちらのコピーも、フィーリングやノリで作るのではなく、目的達成のために戦略的に作られます。

そこで必要になってくるのは、「知ること」です。

  • 商品・サービス、自社(自分)に精通する
  • ターゲットを明確にし、ターゲットをよく知る
  • 読んだ人にどうしてほしいのか、目的をはっきりさせる

いずれのキャッチコピーを作るときも、その準備として上記3点をまずは押さえておきましょう。

昨日のGOOD&NEW

PayPalの利用手続き完了

新しいアプリの使用開始

メルマガ登録はこちらから

ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、ブランディングや情報発信を軸とした働き方、人生を充実させるヒントなどをお伝えしています。返信もOK!
メルマガ読者登録へ



林原商店メニュー

コメント

コメントする

目次
閉じる