40代のダイエット宣言から5か月経過し、大会後にだらけて元通り。太るにはやはり理由がありと実感

Pocket

ひとつきごとにご紹介している体重の変遷。今月は、前半が大会前、後半が大会後です。大会のあと、だらけていたら、ダイエット宣言した2月の体重に戻ってしまいました。

無題

ひと月で戻ってしまった!

ひと月前の体重は54.4kgとその前の56kgからちょっと減りましたが、今月の終了は56kgに戻ってしまいました!

ちなみに体脂肪率も25%と前月より増。

理由は「生活の乱れ」

原因ははっきりしています。

6月30日に、のとじまトライアスロン大会を終え、次の大会参加予定もなく、目標を失ったワタクシ。

それまでは週5日は何かしらのトレーニング時間を確保していましたが、大会後のあとはあんまり動く気になりません。

飲み会に自宅での晩酌、子どもたちとの夜更かしやお菓子のダラダラ食べなど、ぐーたらして過ごしていました。

すると、体は正直です。

あっと言う間に、体重が戻ってしまいました。

「水を飲んでも太る」などといいますが、理由のない体重増はないと再認識しました。

目標の再設定が必要

ダイエットのスタート時には、以下のように言っていました。

夏(6月くらいか)までに50~52キロあたりにしたいと考えています。

しかし、これはもう、未達成宣言です。

55kgあたりでホメオスタシス(恒常性)が働いていて、だらけて太るように私をコントロールしているのでしょうか……

もう、目標を再設定せねばいけません。

今度は……

秋(9月)までに50~52キロあたりにしたいと考えています。

としておきます。お盆が鬼門ですね。

大会前は心身の調子がいい

今月、気がついたことがあります。

それは、大会前の生活は、とても心身の調子がいいということです。

  • 毎日カラダを動かすので、夜はよく眠れます。
  • 暴飲暴食を控えるので、朝からよくお腹が減ります。
  • お酒を控えるので、肝臓が元気なのか疲労が取れやすい。
  • コーヒーを減らして、水をよく飲むのもいいみたいです。
  • 上記のような理由からか、早寝早起きも楽にできました。

反対のことをしていた月後半は、なんか疲れやすいんですよね。

疲れやすいと、思考もネガティブになりがちです。

大会前の生活を標準に

というわけで、今月は大会前の生活を標準に過ごすよう心がけます。

体重が減ったときも、こんなこと言っていました。

体重が減った要因はいくつかあります。

  • 飲み会を減らした
  • 家で飲むのを控えた
  • ほかのひとと練習する機会を増やした
  • 空腹を感じたらまず水を飲むようにした

やっぱり、体重が減るときも理由がありました。

「今週末は大会だから」

という気持ちで生活諸々整えて過ごします。

メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「情報発信で人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ

 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする