時間管理術「ポモドーロテクニック」で効率アップ。25分は仕事に集中、5分で家事を片付けよう

Pocket

家で仕事をする時は、集中しすぎて疲れすぎないように気をつけています。その時に使っている時間管理術が「ポモドーロテクニック」です。

P_20170516_093312

生産性の向上につながる「ポモドーロテクニック」

仕事や勉強などを25分間続けた後、5分の休憩を取る時間管理術のことです。

集中力やモチベーションを高め、生産性の向上につながるとして、世界中で支持されています。

「ポモドーロ」とはイタリア語で「トマト」のこと。考案したイタリア人男性が、トマト型のキッチンタイマーで時間を区切ったことに由来します。

集中しすぎは疲れすぎる

以前の私は、原稿を書くときや校正など、気が付くと3時間も4時間も続けてしまう癖がありました。

気がつけば目はしょぼしょぼ、肩や背中はカチカチ、頭が痛くなったり、食事を忘れていることもありました。これではヘトヘトのクタクタです。

ポモドーロテクニックは、25分間はただひたすら一つのタスクに集中し、その後5分の休憩をとることでリフレッシュする方法です。疲れきる前に休んで回復すれば、理屈上では永遠に疲れないことになります。

なるほどと思ってやってみると、これが思いの外、良い感じなのです。

実践! ポモドーロテクニック

ポモドーロテクニックの具体的な実行方法は以下の通りです。考案者・フランチェスコ・シリロの公式サイト「Work Smarter,Not Harder」からご紹介します。

  1. 実行するタスクを決めて、紙に書く
  2. タイマーを25分に設定する
  3. タイマーが鳴るまでタスクを行う
  4. タイマーが鳴ったら作業を終了し、タスクのリストにチェックマークを付ける
  5. 5分間の休憩を取る(コーヒーを飲むなど、タスクと関係のないことをする)
  6. ポモドーロを4セットの後に20〜30分の休憩を取る(完全に脳を休ませる)

ポイントは「脳を休ませる」ことですね。集中しすぎて疲れすぎ、燃え尽きてしまうことを防ぐという意図があります。

公式ホームページでは「紙とペンとキッチンタイマーだけを使って、 より良いワークライフバランス作り出そう」と呼びかけています。

仕事の合間の家事は気分転換の「休憩」になる

私は原稿執筆などパソコンに向かって行うタスクの時に、ポモドーロテクニックをよく使います。

使うのはキッチンタイマーではなくスマホです。時計アプリでタイマーを25分と5分にセットします。そのタイマーを交互に押して時間を管理します。

1日中内勤の日は、朝4ポモドーロ(2時間)それから朝ごはんと弁当づくり、午前中に4ポモドーロからの昼休み(20分の昼寝付き)、午後に4ポモドーロからの30分ラン、夕方に4ポモドーロからの夕飯…という風にして、疲れすぎないように心がけています。

自宅で働く際には、5分間の休憩の時間に家事を行います。

5分間で行える家事には、けっこういろいろあるんですよ。例えば……

台所

  • ガス台を拭く
  • ゴミ受けを洗う
  • 床をはく、拭く
  • 食洗機に食器を入れる
  • 米を研ぐ
  • 野菜をカットする
  • 肉や魚に下味をつける
  • 味噌汁の出汁をとるセット

お風呂

  • 排水口の髪の毛を取る
  • 湯船を洗う

玄関

  • 玄関をはく
  • 家の前をはく、打ち水をする
  • 靴を片付ける

リビング

  • テレビ台の上を拭く
  • 掃除機をかける
  • 猫のトイレ掃除

トイレ・洗面所

  • 便器掃除
  • 床を拭く
  • 洗面所のシンクを磨く

その他

  • 洗濯機を回す
  • 洗濯物を干す、取り込む
  • 洗濯物をたたむ
  • 布団を干す、取り込む
  • 庭から花を切って屋内に飾る

家事もはかどるととても気持ちのよいものです。

会社勤めの場合は書類の整理など、ちょっとした片付けをしてみるのもおすすめです。

5分で区切られているので、片付けに夢中になるのも防げます。

メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「情報発信で人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ

 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする