何かを変えたい時は、行動を変える……というわけで、アミノバリューランニングクラブに入会

Pocket

「なんだかうまくいかないな」「もっとうまくやりたいな」など、何かを変えたいと思った時、まずは「行動を変える」のがオススメです。

61934186_2807993832607598_7637481437553229824_n

気持ちを引き締めるだけでは変わらない

痩せたいとか、もっと早く走れるようになりたいなとか、「もっと自分を良くしたい」と思う人は多いことでしょう。

しかし、気持ちを引き締めるだけでは、結果は変わりません。

なぜなら、やっていることは同じだからです。

何かを変えたいなら、行動を変えて初めて、変化が起こります。

新しいことは怖いからやりたくない

今までと違ったことをするのは怖いものです。怖いとまでいかなくても、これまでと同じようにやっている方が楽です。

人間には、体温は高くなると汗をかいて体温を下げると言った「恒常性(ホメオスタシス)」があることからも分かるように、そもそも変化しないよう働くものです。

「何かを変える」ということは、人間の恒常性に抗うということ。だから怖いし、面倒なのです。

行動するとやる気が出る

一方で人間には、行動するとドーパミンが出る「作業興奮の効果」という性質もあります。

ドーパミンは、「やる気」をつかさどるホルモンです。

つまり、やる気がなくてもとりあえず動けば、ドーパミンが出てやる気もでてきます。

だからあんまりあれこれ考えずに、とりあえず行動してしまえばいいんです。

フォームを変えたくてランニングクラブに入会

かく言う私も、行動を変えてみることにしました。

というのは、ランニングフォームを良くしたいとずっと思っていたんです。

自分であれこれと工夫もしてみましたが、 先日のマラソン大会で、まだまだ改善していないことを実感。

関連記事

そこで行動を変えることに。具体的には、これまで入ったことのない「ランニングクラブ」なるものに入会することにしました。

そのクラブは、「アミノバリューランニングクラブin富山」。ランニング指導者の田中寿美子さんが代表を務め、コーチ陣もいらっしゃるクラブです。

毎年この時期に説明会があるとのことで、参加してきました。

61848276_2807993949274253_5774214295428530176_n

メンバーは秋のマラソンシーズンに向けて練習をしていくそうです。

私のレベルで大丈夫かしら(いろんなレベルの人がいるから大丈夫とのこと)とか、車で練習に通う時間が取れるだろうか、富山マラソンはでないんだけどな……などなど、心配な要因は多々あります。

しかし、この不安は無視して、行動してみることにします。

61440398_2807994009274247_8271146880746913792_n

競技場で練習なんて、大学生の部活動以来です。大好きな競技場の雰囲気にドキドキ・ワクワク。変化はまた後日ご報告いたします!

メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「情報発信で人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ

 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする