育児の合間でも。ジムに通わなくても。筋トレで元気に

Pocket

育児の合間でも、ジムに通わなくても、筋トレはできます。かなりメリットが大きいので、少しでも続けるようにしています。

DSC_6152

筋トレのメリット

スポーツをしていない女性にも、筋トレはオススメです。以下のようなメリットがあるからです。

  • 太りにくくなり、体型がすっきりする
  • メンタルが安定して、精神的に強くなる
  • 筋力や全身の持久力がアップして、疲れにくくなる

特に、精神が安定することや、疲れにくくなることは、忙しい女性たちにとってとても大事なことだと思います。

中高年にとっては、「疲れやすい」ということは、「やれることが減る」ことを意味します。 Quality Of Life の観点からも、疲れにくい体を作ることは大切です。

おもりは自分カラダで十分

家事育児の合間やジム以外の場所で筋トレをするときの課題は、おもりがなくてどうやって負荷をかけるかということです。

この問題は、自分の重たい体をおもりにする「自重トレーニング」で解決します。

ボディビルなど、非常に高い負荷を必要とする場合でなければ、十分なおもさです。

公園で子供を遊ばせながら筋トレ

自重トレーニングは、家の中でももちろん OK。  テレビを見ながらでもできます。

小さなお子さんがいらっしゃる方なら、公園で子供を遊ばせている時間などを、ただ見ているのではなく筋トレタイムにしてしまってはいかがでしょう。

公園ならたいていありベンチが便利。

IMG_20181115_102342

手をおいて、斜めになって負荷を下げた腕立て伏せができます。

寝転んで足を上下させる腹筋運動(昔は「大根おろし」なんていいました)もできます。

空が青くてキレイです。
この状態から足を上げたり下げたりします。※正式なトレーニング名は「レッグレイズ」といいます。

このような学校の遊具も格好の道具。

IMG_20190516_180324

といんわけで、雲梯で懸垂をやってみました。

私の筋力ですと、この程度の懸垂(3セット)もやれば、このあと3日くらい筋肉痛です。重いカラダが十分な負荷になります。

公園筋トレのデメリットは目立つこと

公園で行う筋トレは気軽ですが、唯一のデメリットは、人目につくことです。

別に気にしなければいいのですが、多くの方にとっては気になるところですよね。

そういう人は、こういうトレーニング遊具がある公園を探しましょう。

IMG_20171209_150640

子供と一緒に気軽に筋トレができます。

「~運動公園」という名前の公園には、トレーニング遊具がある可能性大です。

関連記事
メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「自分のよいところを発信して人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ
 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする