赤ちゃん連れ旅行のグッズと練習:6か月長女とのイタリア3週間二人旅その4

Pocket

15年前に6か月の長女とイリアを旅したお話

前回から、現在高校1年生の長女が6か月のとき、二人でイタリアを旅したお話をご紹介しています。

お子さん連れで旅に出たい。でも無理!と思い込んでいる方の参考になりますように。

◆これまでのお話

長女の誕生と密室育児と読書三昧:6か月長女とのイタリア3週間二人旅その1
私が影響を受けた本:6か月長女とのイタリア3週間二人旅その2

赤ちゃん連れ旅行の情報収集とプランづくり:6か月長女とのイタリア3週間二人旅その3

滞在先は病気と治安への備えをチェック

私の宿選びのポイントは、
「子供連れに便利な場所かどうか」

「治安」
でした。

そこで、予約を取るときには、必ず
「6か月の赤ん坊と一緒に出かけます。
近くに小児科はありますか。
近くでおしめを買えますか。
治安は大丈夫ですか」
と確認しました。

そのときは、
「近くに小児科があります」
「我が家にも赤ちゃんがいるので、足りなければ貸しますよ」
「裏に警察があります」
など、安心できるお返事をいただけるところに宿を決めました。

また、宿の借り換えを考えていたので、イタリアに渡ってからのキャンセルが無料でできることもポイントでした。

母子二人旅のグッズの基本は「バックパッカーグッズ」+「ママグッズ」

夫がいなくて一番困るのは、荷物運びではないかと思います。

今回は3週間の滞在ですが、洗濯ができること、フォーマルな場に行かないことを考えると、衣類はさほどいりません。

私の場合、どこで購入できるかが定かでなかったため、おしめは日本から3週間分を持参しました。減ったところにお土産を詰めて帰る作戦です。

ただ、いってみると、あちこちで日本製の紙おつむが売っていたので、現地調達でもよかったかと思います。

装備は以下のものを用意しました。

・ザック(45L程度だったと思います) 宿泊関係の荷物はこちらに
・マザーズバッグ その日使う荷物はこちらに
・B型ベビーカー 6か月だとやや早いのですが、A型は重たいのでB型に決定
・抱っこひも しっかりガチガチ止めるかさばるタイプと、友人がくれた布製のコンパクトタイプを持参。結局、布製が便利でした。
・授乳スカーフ 授乳中の子供にかぶせるスカーフです。近くだとほんのり透けるため、あかちゃんからママの顔が見える…というタイプのもの
・ママコート コートの前側にファスナーで布地が足せ、抱っこ紐で抱っこした状態で着られるコート
・帽子 日焼け防止と髪がセットできないときの髪隠し
・スニーカー たくさん歩くので必須
・指さしイタリア語会話集 当時は翻訳アプリがないので、この会話帳は本当に便利でした

要は、バックパッカーグッズとママグッズです。

もちろん、パスポートは赤ちゃんも必要です。発行まで1週間はかかるので、時間にゆとりをもって準備してくださいね。

国内線と電車で旅の練習

突然の見知らぬ土地での赤ん坊との二人旅は、トラブルが心配です。

小さくテストしてみることをオススメします。

私の場合は、以下のようなテストをしてみました。

・実家への帰省(自動車)
・夫の実家へ (新幹線)
・姉の家へ (新幹線+普通列車)


新幹線にて

そのたび、移動や授乳などに必要なグッズを確認し、旅のグッズリストに追加しました。また、だんたんと移動や休憩のコツをつかんでいきました。

メルマガ登録はこちらから。ここだけに掲載している林原りかの「自分史的自己紹介」をお届けしてから、「情報発信で人生を充実させるヒント」などお伝えしています。返信もOK! メルマガ読者登録へ

 林原商店メニュー 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする